Rakuten UN-LIMITのお得度とその後の報道状況

スマホ・タブレット・AV

今回、Rakuten UN-LIMITの月額料金は2980円と発表されています。現在、楽天モバイルが提供しているMVNOの通信プランではデータ容量2GBのプランSが2980円(各種割引前)で提供されているため、この月額料金を上回るようだとMVNOからの移行を促すことが難しくなるため、この金額を当初より予想していたメディアもあったようです。

スポンサーリンク

初日に申し込み

UN-LIMITのサービスが発表されたら直ぐに申し込みをしてしまいました。今まで無料サポータープランの募集時には対象エリア外に住んでいたため申し込みができませんでした。今回のUN-LIMITは当初1年間は料金が不要の上、契約時に必要な事務手数料3300円も同額がポイントバックされます。また、1年後に契約を解約したいときにも契約解除料は不要ということなので、特に契約に際して消費者側のデメリットはなさそうだと判断しました。au回線を毎月2GB分、無料で利用できるとだけ考えてもメリットがあります。逆に使わないと損であるとも思いました。実際にはサービスが開始されてみないとこの判断が正しかったか否かは判りません。

楽天モバイルのプランSに加入中

私自身は現在は楽天モバイルのプランSに契約しており、楽天会員割引、ダイヤモンド会員割引で初年度1年間だけ月額が980円になっています。このプラン、データ通信量の上限が2GBなのですが、この上限を超えても混雑している昼休みと夕方を除けば1Mbpsで通信することができるのが特徴です。正直、1Mbpsの速度が出ていればWEBブラウジングやメールの送受信等に不満はないので普段は高速通信をOFFにして使っています。

ただ、このプランのままだと、2年目以降は2980円になってしまうため、Rakuten UN-LIMITは一つの有力な移行先だと思っています。もし、UN-LIMITのサービス提供状況に課題があるようであれば、ファミリーシェアプランで家族分の契約を続けているIIJmioに戻ることも考えています。今年の夏ごろ以降に楽天モバイルのMVNO会員に対してUN-LIMITへの移行の案内があるという記事もあったので、その時期に判断します。

楽天モバイル、「UN-LIMIT」以外の楽天回線プランも存在? 一部ユーザー向けに夏ごろ案内
楽天モバイルのMVNOを契約しているユーザーの一部は、同社のMNOプランである「UN-LIMIT」以外のプランを今後選べるようになることが分かった。

上記の記事を読むと、2019年9月以前にスーパーホーダイ、または組み合わせプランに契約したユーザーについては、MVNOで契約している内容のまま、MVNO回線から楽天MNO回線に移行できるという紹介があります。私自身は2019年12月からの楽天モバイル利用者なので、どんな形で移行手段が提供されるのか、今のところはよく判りません。

2980円のインパクト

このUN-LIMITの2980円という金額で正式に発表があったあと、大手三社の半額といった形で報道されました。政府なども期待していた通り、インパクトがあった価格ではあったと思います。しかし、思いのほか、KDDI回線網におけるデータ容量制限が2GBになることを懸念する記事も目立ちました。今後、他の携帯電話キャリアが自社のプランに練り直していくのか、現時点ではその動きは判りませんが気になるところです。

今回、正式サービス開始のキャンペーンとして、当初1年間は2980円を無料とする特典を300万人限定で提供します。2019年10月以降、5000人、2万人という形で順次無料サポータープランを募集してきましたが、このときは直ぐに枠が埋まってしまった印象を持ちました。しかし、300万人となると余裕があるようで、まだ募集は続けられています。現時点、どの程度の数の人が先行予約に応募したのかは判りません。

対応スマホを入手要

UN-LIMITのサービスを利用するためには対応しているスマートフォンを入手する必要があります。現在、iPhoneは対応機種としてアナウンスされていません。また、ほかの格安スマホに関しても種々の条件があるようなので、楽天モバイルのサイトでよく確認しておくことをお勧めします。また、これから購入する場合は楽天モバイルで対応機種を購入しておくことが安心でしょう。

4月8日(水)のサービス開始がどのような形で迎えられることになるのか、見ていきたいと思います。

【2020/04/05追記】

富士通Arrows RXを購入

楽天モバイルで富士通のarrows RXを購入しました。楽天向けに出荷された機種ですので、起動時に楽天のマークが表示されます。こちらで紹介しています。

Rakuten UN-Limit向けに富士通arrows RXを入手
先日、楽天モバイルの自営回線(MNO)のRakuten UN-Limitに加入申し込みしました。本人確認書類の送付も伴う本申し込みも終わらせましたので、サービスが開始される4月7日のSIMが届けられるのを待つばかりになりました。しかし、一つ...

【2020/04/06追記】

SIMカード発送の連絡

楽天モバイルからSIMカードを発送したというメールが来ました。送り状の番号も記入されていたので、ヤマトの荷物追跡サービスで照会したところ、まだ登録されていませんでした。

一気にたくさんのSIMカードを送るので、宅配便に預ける前に一気に送り状を作っているのかもしれません。

サービス開始の4月8日が近づいてきましたので、到着を待ちたいと思います。

【2020/04/12追記】

4月8日に予定通りにSIMが届いて、事前に準備しておいた富士通Arrows RXに差し込むことで問題なくサービスが利用できるようになりました。パートナー回線エリアでも楽天自営回線エリアでも10Mbpsから30Mbps程度のスピードでつながってくれるので、とても快適です。

楽天LINKの認証が通らず、2日間ほど使えなかったりといった問題はありましたが、現在は何も問題は残っていません。

コメント