楽天が家庭用小型基地局Rakuten casaを提供(実質無料)

インターネット

楽天モバイルからRakuten UN-Limitのサービスが開始されました。ただ、まだ楽天自営回線のサービスエリアが狭いことが大きな弱点になっています。自営回線のサービスエリア外はKDDIの回線を借りているため、楽天にとってはKDDIに払う費用が発生してしまいます。

そのサービスエリアを補完するために楽天からRakuten casaという小型基地局が提供されることになりました。

発売価格は0円、別途事務手数料が3000円必要ですが、設置後に楽天スーパーポイントが3000ポイント還元されるため、実質的には無料という形になるようです。(装置は貰えるわけではなく貸与という形です。楽天との契約がなくなった際には装置を返却する必要があります)

条件はいろいろあるのですが、その中でも縛りが大きいのは常時接続回線として楽天ひかりを利用することが前提となります。

こちらの装着、Wi-Fiのブロードバンドルーターとしても使えるようです。

私自身は楽天自営回線のエリア外に住んでいて、Rakuten UN-Limitおよび楽天ひかりの両方に契約ということで、その他の条件を含めて満足していそうなのですが、申し込むのはやめました。

一つは楽天ひかりが遅すぎるので、これ以上、楽天ひかりのデータ通信量を増やしたくないこと、二点目はもし他の楽天UN-Limitの利用者がこの小型基地局を介して通信できるのだとすると、さらに楽天ひかりに負荷をかけてしまうことになるためです。

一瞬、無料でブロードバンドルータが手に入るなら良いかも?とも考えましたが、思い留まりました。

まだ、この小型基地局がどんな働きをするのかがよく分かっていないので、他の方のレビューなどを参考にしながら、ゆっくりと導入可否を考えたいと思います。

【2020/04/29追記】

昭和の日の夜9時ごろ、何故かWEBアクセスのスピードが速いことに気がつき、スピードテストをしてみました。すると、下りが88.3Mbps、上りが107.0Mbpsを記録しました。何か対策が行われたのでしょうか。急に早くなったので驚いてしまいました。

これならば、Rakuten casaに申し込んで基地局を作ってしまっても良いかもしれません。重要事項説明書を読んで考えたいと思います。

コメント