楽天が新型コロナの検査キットを法人向けに販売開始

日記・ショッピング

楽天が新型コロナウイルスの検査キットの販売を法人向けに始めたことを発表したことをNHKで報じていました。感染の有無を確認する医療的な診断を目的としたものではなく、企業が自宅待機させるかどうか判断する際などに参考にすることを目的にしています。

値段は1キットで1万4900円とかなりの高額です。100キットからまとめて販売するそうです。(購入数に応じた特別価格も準備しているとのこと)

現在、企業では体調が悪い人は一律で自宅待機にしている場合が多いのではないでしょうか。このコロナの検査キットの検出精度にもよりますが、たとえこのキットで新型コロナの特徴的な塩基配列を持つDNAが含まれていないという結果が出たとしても、出社の判断に用いることは難しいような気がします。例えば、調子の悪かった人が完全に身体の調子がよくなって、念のためこの検査キットでチェックするという使い方であれば成立するのかもしれません。

ただ、NHKの記事を読むと、「すでに症状が出ている人はキットを使わず、厚生労働省のガイドラインに従って行動してほしい」としているそうです。とすると、今一つどんなタイミングでこの検査キットを使えば良いのかよく判りません。もしも、症状が出ていない一見健康そうな人にこのキットで検査するのも、今一つ目的がピンと来ないことも事実です。

このキットを使う利用者は検査キットにある綿棒を使って自分で鼻の粘膜や分泌物を採取し容器に密閉したうえで専用の回収ボックスに入れることで、およそ土日を除いて3日以内に結果が出るということです。まずは楽天の法人向けサイトで販売され、東京、神奈川などの1都4県を対象にします。来月以降、対象の地域を順次拡大する計画です。

ちなみに楽天グループでは国内に1万4000人いる社員に対して検査の希望者を募っているとのことです。携帯電話や物流、金融など在宅勤務が難しい従業員の利用を想定していると日経新聞の記事に記載されていました。

申し込みはこちらのサイトからになります。

「新型コロナウィルスPCR検査キット」販売代理の一時見合わせのお知らせ|楽天株式会社
現2020年4月30日より一時的に「新型コロナウィルスPCR検査キット」の販売代理を見合わせております。

【2020/04/30追記】

楽天がPCR検査キットの販売を見合わせることを発表しました。今回、販売を担っていたジェネシスヘルスケアの取締役会が開催されて経営体制の変更が決議されたため販売を見合わせることになったとしています。

コメント