Withコロナ期における旅行業界のマイクロツーリズム

旅行・ドライブ

星野リゾートが提唱している「マイクロツーリズム」という取り組みが面白いです。旅行というと、海外や国内の遠方に行くことをついついイメージしてしまいますが、何も遠くに行くだけが旅行ではありません。

スポンサーリンク

近隣への小さな旅行

特にコロナ感染拡大の驚異の中で旅をするのであれば、遠くに行くこと自体がリスクの高い行動になってしまいます。そこで、星野リゾートては近隣への小さな旅行を推奨しています。

確かにリゾートホテルで寛ぐのであれば、何も遠方にこだわる必要はありません。上げ膳据え膳でゆっくりと楽しむ食事や温泉など楽しみはたくさんあります。

また、星野リゾートの施設ではその土地ごとの料理や文化にも触れ合うことができて、もしかすると近隣ではあったとしても今まで見落としていたものを新たに発見することもあるかもしれません。

星のや東京

例えば東京に住んでいる人であれば、「都内で心も身体もリフレッシュする温泉旅館滞在」として、「星のや東京」を提案しています。自家用車やタクシーで他の人とはあまり触れ合わずに直接施設にチェックインして、三密を回避しながら、食事や温泉などを楽しむことができるそうです。

佐倉市の取り組み

この流れは自治体にも及んでいて、たとえば佐倉市の公式サイトでマイクロツーリズムを勧めるページが公開されていました。文化芸術コースとして3種類、他に佐倉グルメを紹介しています。

ユニバーサルスタジオジャパン

最近、ユニバーサルスタジオジャパンがオープンしましたが、大阪市民のうち年間パスポートを持っている人だけを対象にして営業をしています。今後、段階的に拡大していきますが、これも近場の人を対象にしているということで、マイクロツーリズムと言えるでしょう。

海外旅行はまだ先

各観光地に外国人観光客が戻ってくるのはまだまだ当面先です。私達が外国に気兼ねなく旅行に行けるようになるのも、少なくともワクチンが出回るようになってからでしょうか。オリンピックの直前あたりまでかかってしまうかもしれません。

それまでは、各観光地は近場のお客さんで盛り上げていく、マイクロツーリズムが大切になります。昭和の時代までは新幹線などの交通機関も今ほどは発達しておらず、近場の旅行を楽しんでいたと思います。しばらくはそんな雰囲気が続くことになるでしょう。国が観光業の応援対策として割引クーポンを発行しますが、マイクロツーリズムで賑わうのではないでしょうか。

コメント