関越道の新座料金所スマートインターチェンジ設置構想の早期実現を!

自動車・カー用品・メンテナンス

新潟と東京を結ぶ関越自動車道は首都高速道路と直接接続していない変わった自動車道です。唯一、大泉ジャンクションで外環道とつながっていて、美女木ジャンクションまで行ってようやく首都高速道路につながります。

そんな関越自動車道は上り方向を練馬に向かって走っていると、新座料金所を過ぎたあたりで渋滞にはまることが本当によくあります。そのまま高速道路をおりると目白通りにつながるのですが、この目白通り自体も混雑していることが多いです。さらに谷原交差点で環状八号線方面に行ってもまた混雑していることが多く、荻窪方面に行こうとすると本当に不便です。

現時点では練馬出口の一つ手前は所沢インターになりますが、ここでおりても都心方面に向かうのはまったくやっかいです。したがって、あまり関越道が好きではありません。

そんな関越自動車道に一つだけ楽しみな計画があります。新座料金所にスマートインターチェンジができる計画があることです。設置形態としては、ここから乗ると新潟方面のみ、そして降りるときは練馬方面に走っているときだけのハーフインターチェンジとなる予定です。

2015年時点で市政懇談会でスマートインターチェンジの開設に向けて国土交通省、ネクスコ東日本と協議しているという回答もあります。ただ、国土交通省のホームページで調べると準備段階調査箇所にまだ含まれていませんので、まだ工事が始まるのは先になるかもしれません。

新座料金所にスマートインターチェンジができると、隣接する県道36号 保谷志木線にすぐ出ることができます。また、調布保谷線まで出れば高規格な道路で調布インター方面まで行くことができます。さらに進めば鶴川街道で町田方面まで抜けることができます。もしも、尾根幹線道路が整備されれば、相模原まで都心を迂回することができるようになるので、とても便利になりそうです。

ぜひ早めに新座スマートインターチェンジが併用開始されることを期待しています。

コメント