住友不動産販売のチラシのポスティング減少

マイホーム・不動産

今の家に引っ越してから週に一回から二回程度の頻度で、住友不動産販売のチラシがポスティングされていました。どんな内容かというと、家を売ってくれる人を探すような内容のチラシです。「この周辺で一軒家を購入希望の方がいらっしゃいます」などという文言が書かれていました。

あまりにも頻繁にチラシがポスティングされるので、本当にこの周辺で一軒家を探している人がいるのか?とか、近くで販売中の土地が長い期間に渡って買い主が見つからない状況なのに、なぜチラシがポスティングされ続けるのか?といったことを疑問に思っていました。

住友不動産販売のような会社は不動産が流通してからこそ収入につながるので、できるだけ多くの物件をかかえておきたいのかな?などということを勝手に考えたりもしました。

こちらの記事を見ると、購入希望者がいるというのは嘘だと断言されています。

不動産売却のチラシが届く理由を解説!甘い言葉・嘘の記載に要注意
不動産売却のチラシは、誇大広告が禁止されているので、基本的には信頼できる内容です。しかし、表記とのずれもありがちなので注意しましょう。

ただ、不思議なことに、最近になってポスティングされることが無くなってきました。家族がポストから出して捨ててしまったものもあるかもしれませんが、少なくとも私は見ていません。住友不動産販売に何かあったのでしょうか。

そんなことを感じているときに、こちらのブログの記事を見つけました。

住友不動産販売にチラシを止めるように何回も申告したのに聞き入れられずに、国土交通省に連絡をしたところ、宅地建物取引業法違反という確証を得たそうです。

「たとえ、チラシであったとしても、止めてくれと言ったのに不動産屋が止めないのは宅地建物取引業法違反になる」ということでした。

もしかすると、この一件を受けて住友不動産販売でチラシのポスティングを見合わせているのかもしれません。

ポストに毎日投函されるチラシを止めるために、こんな方法を使うことができるのか!と参考になった記事でした。

【2020/08/23追記】

やはりその後もポスティングが行われなくなりました。いつも受け取ったチラシはすぐに捨てていたので、ゴミが増えなくなって本当に良かったです。

コメント