横浜市西部の米軍施設跡地にディズニーランド並のテーマパーク構想

旅行・ドライブ

横浜市瀬谷区、および旭区にまたがって、米軍上瀬谷通信施設跡地があります。こちらは約242ヘクタール、東京ドーム52個分もの広大な敷地面積を誇ります。戦後まもなく米軍に接収されて、2015年に返還されました。瀬谷区の10%の面積があるという記事もありました。かなり広いことに間違えはありません。(米軍が接収する前は旧海軍の施設があったようです)

この施設の中には南北に海軍道路と呼ばれる直線の道路が貫いています。この道路は環状四号線の一部となっています。道の両側には桜並木があり、春になると桜のトンネルの中をドライブすることもできます。

この海軍道路は3キロメートルにもわたって直線区間が続いていますが、日本海軍の施設が作られたときに一緒に作られた軍用道路で、滑走路としての利用も視野に入れていたという記事も見つけました。

現在、この土地は民有地と国有地が各45%、私有地が約9%を占めています。この中でテーマパーク構想があるのは約125ヘクタール(東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積をしのぐ広さ)です。横浜市は公共交通機関の整備や区画整理で計画を後押しすることを考えています。

関係者によると、米国の大手映画会社の名前が上がっているということなので、関東にもユニバーサル・スタジオ・ジャパンのような施設ができる可能性もあります。練馬区のとしまえん跡地はハリーポッターのミュージアムができるという構想も出ていますが、なかなか関東エリアも面白くなってきました。

かつて横浜市戸塚区には横浜ドリームランドというテーマパークがありました。1964年に開園しましたが、経営の不振により2002年に閉園しています。それから20年近くが経過しますが、どれだけ集客力のある施設を作ることができるのか気になるところです。

今後の計画の具体化、そして正式発表が楽しみなニュースです。

【2020/08/01追記】

その後もこのテーマパーク建設計画は話題になっています。特に交通面に関しては不安を訴える記事が多いです。車で行くことを考えると、建設計画地周辺は東名高速、国道16号、246号、467号、中原街道、環状4号などの幹線道路が集まっているので、渋滞がまた発生するのではないかと不安視する声があります。

鉄道を使うとしても、最寄駅の瀬谷駅からは距離が離れている上に、相鉄線の瀬谷駅に都心から向かうときの経路も乗り換えが必要になる場合が多いことが懸念点として挙げられていました。

コメント