Rakuten UN-Limitで接続しづらくなる事象が発生

インターネット

以前はJR中央線に乗って都心に向かっているときに、Rakuten UN-Limitを使った通信回線でスマホを利用していても、快適に通信ができていたのですが、最近になって、アンテナの本数は多いのに、インターネットとの通信ができない事象が頻発するようになりました。

この事象が発生した際は、機内モードにしてモバイルデータ通信を無効にしてから、機内モードを解除することで通信が復活することもありますし、復活しないことあります。

この事象、パートナー回線エリアでは発生せずに、中央線で言えば吉祥寺駅から阿佐ヶ谷駅にかけて走行中のときなどによく起こります。

ちょうど、楽天自営回線の端っこの付近で起こりやすい印象です。完全に推測ですが、端っこの方はまだ基地局の数が少なく、電車などが走っている付近ではパンクしているのかもしれません。

Rakuten UN-Limitでは、単にモバイル回線を一年間無料にするだけではなく、Rakuten miniを実質的に無料で配ったり、楽天ひかりを抱き合わせで一年間無料にしたりと、加入者数を増やすためにあの手この手を打ってきました。その効果が現れて、相当数の加入者増につながっているのかもしれません。(加入者増とは言っても、先着300万名のキャンペーンはまだ実施されているので、たかだか300万名以下?)

このままでは、今度は地上基地局の数がネックになってしまうため、エリア拡大とともに、すでに開通済みエリアにおける基地局の増設が必要になるものと思います。

まだまだ、設備投資を続けていく必要がありそうです。

【2020/07/25追記】

今度は所沢市の山田うどん食堂本店でランチを食べている時に、アンテナは立っているのに通信のパケットがやり取りできない状況になりました。所沢市も離れ小島のように所沢駅を中心にして徐々に通信エリアが広がっています。やはり、山田うどん食堂の本店は、楽天エリアとパートナー回線エリアの際にあるので、中央線に乗っていた時と同じ事象が発生していたのかもしれません。

コメント