楽天UN-Limitの自営回線エリアの広がりが遅い

インターネット

楽天UN-Limitのサービスが4月にスタートしてから早くも4ヶ月が経過しようとしています。また、2021年3月時点で人口カバー率で70%にするという目標を立てているはずなのですが、どうも自営回線エリアの広がり方がゆっくりしているように思えてなりません。

楽天の公式サイトでは月に何回かエリアマップが更新されているのですが、4ヶ月も経っている割にはエリアが広がっていないように感じるのです。例えば、中央線の武蔵境駅から西側のエリアを見ると下のマップのようになっています。

濃いピンクのところが自衛回線エリア、薄いピンクのところがパートナー回線エリアです。

間違えなく多くの人が住んでいる地域のはずなのに、東京23区より外側は、広がり方がとても緩やかな状況です。円の外側が広がっていくわけでもなさそうで、突如、遠くに離れ小島のような自衛回線エリアが登場することもあるのですが、なかなか点と点が重なって面となっていかないもどかしさがあります。

エリアの円が大きくなればなるほど、同軸円状に円を広げようとしたときの基地局の数が多く必要になっていくので、相当困難を極めているような印象があります。

果たして、基地局の増設が計画通りに進むのか否か、もしも進まないと契約者の増加に伴うパートナーへ支払う回線使用料が重く押しかかってくるので、基地局増設のために投資する余力がなくなっいく心配もしています。

やはり、不透明になってしまった料金体系を改革していくためには、第四のキャリアは日本にとってみれば必要だと思いますので、楽天には頑張ってほしいと思っています。

米倉涼子、吠える!「日本のスマホ代は高すぎる!」 楽天モバイル新イメージキャラクターに 新TVCM「カンタン申込篇」「余計な条件なし篇」

【2020/08/11追記】

2020年1月〜6月期の連結決算が発表され、最終損益が274億円の赤字となりました。(前年同期は1002億円の黒字)

携帯電話事業の営業損益は824億円の赤字です。総務省に出した計画では2026年3月までに約2万7000局を整備する予定でしたが、5年前倒しして2021年中に整える方針としました。

4月のサービス開始時と比較して爆発的にエリアが増えたようには全く感じませんが、本当に5年の前倒しは可能なのでしょうか。

コメント