山梨県の富士桜カントリー倶楽部でラウンド

ゴルフ・GOLF

8月のお盆の時期、山梨県の富士桜カントリー倶楽部でラウンドする機会がありました。以前行ったことがある鳴沢ゴルフ倶楽部の隣に位置しています。

昭和50年に開場したコースで、色々なホールから富士山がよく見えます。

また、フジサンケイクラシックの開催コースでもあり、男子トーナメントのパー71としては日本最長、屈指のトーナメントコースです。とはいえ、普通のゴルファーはレギュラーティから打てばそこまでの距離はありません。

2020年のフジサンケイクラシックは9月3日から6日までの4日間、この富士桜カントリー倶楽部にて無観客で開催される予定です。

今回は初めて、NEXCO中日本の速旅というドライブプランを使ってみました。河口湖周辺までの高速道路料金の往復分、河口湖周辺で利用できるレジャー券3000円分がセットになったプランです。

この日の東京は朝から30度を超えてしまい、最高気温は36度と予想されていましたが、この富士桜カントリー倶楽部周辺は嘘のように過ごしやすい気温でした。

富士桜カントリー倶楽部は綺麗な林間コースで景観が素晴らしかったです。特にこちらの池に逆さ富士が映る景色はとても良かったです。

ラウンドしていくと、結構気温が上がっていって、ひなたにいるのはキツかったです。

また、ラフの芝が長いところがあって、ボールが転がり込んだ時に見つけるのが大変でした。キャディさんが一緒に探してくれるので本当に助かりました。

ラウンドが終わった後に食べたかき氷がとても美味しかったです。

氷がサラサラ、モチモチしていて、かき氷とはまた違った食べ物でした。深部体温が下がっていく感じがします。

もう少し腕を上げてからもう一度トライしたいコースです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント