すかいらーくの株主優待の到着と悲しいお知らせ

金融・株・トレード

今日、自宅にすかいらーくから株主優待の食事券(株主優待カード)が3000円分届いていました。すかいらーくはチェーンのお店の種類が多く、洋食、和食、お寿司、中華、しゃぶしゃぶ、喫茶など多様な店舗が揃っていますので、使い勝手がとても良いです。株主優待カードだけではなく、グルーポンで販売されているカードも楽天リーベイツのボマインと還元倍率が高いときに、ときどき購入しています。

そんなすかいらーくの株主優待ですが、残念ながら改悪されることが発表されました。私のような100株の株主の場合は2000円分のカードが年に二回送られてくる形になります。およそ30%強の減額という形になってしまいました。

今回、改訂された原因は新型コロナウイルスの影響による業績の悪化のためです。2020年12月期の第二四半期連結決算では純利益が189億2800万円の赤字となってしまいました。多分、株主優待の内容が見直されることになるだろうという噂は少し前から飛び交っていました。

今回の株主優待の内容を改定することが発表されると、すかいらーくの株価は売りが増えて大きく値を落としてしまいました。やはり株主優待を期待して保有していた人が多かったということなのでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大が収まってきても、以前のように外食を用いる状況に戻らないかもしれません。サイゼリヤはたとえ売り上げが8割になっても利益を出すことができるようにするため、厨房スペースを狭くしても料理を今まで通りに提供できるように、お皿や容器の見直しなど、多岐に亘った改善を試みようとしています。

すかいらーくでも未来を見据えて対策をとっていると思いますので、株は当面は塩漬けにしたままその状況を見ていきたいと思っています。

コメント