健康保険証のマイナンバーカードとの一体化

コンピューター

最近になって各自治体でもマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになることが広報されるようになってきました。令和3年3月からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになる予定です。マイナンバーカードであれば医療機関のカードリーダーにカードをかざすだけで保険資格の確認が完了します。

スポンサーリンク

オンライン資格確認

従来の保険証では医療機関にかかった時点で本当に保険の資格を有しているか否かを即時に確認することができませんでした。例えば、親の健康保険の被扶養者として保険証を持っていた子どもが4月に就職して新しい勤務先の保険証を受け取っていたとしても、間違って昔の保険証を医療機関に提示すれば使うことができてしまっていました。

あとから資格が喪失していることが判った場合は、親の保険者は受診料の返納を求めなければいけませんし、新しい勤務先の保険者は保険対象の手続きをしなければいけなくなり事務効率が非常に悪化します。また、無資格の人が昔の保険証で受診してしまい、あとから資格なしが発覚してその人に医療機関が請求しても支払われなかった場合、医療機関の持ち出しになってしまいます。

マイナンバーカードを保険証として利用してその場で保険資格の有無が判るようになれば、このような非効率な事務を一掃することができます。

特定健診結果や薬の情報を共有

また、患者の同意を得たうえで、患者の特定健診の結果(令和3年3月から)や今までに処方された薬のデータ(令和3年10月から)を医師が端末で確認できるようになります。

カードリーダーの設置

医療機関等に設置するカードリーダーには単にカード情報を読み取るだけではなく、所有者の顔写真のデータとカメラで照合し本人かどうかを認証する機能が付いています。他人の保険証を使って診療を受ける違反を見つけるためです。

しかし、残念なことにカードリーダーを導入するか否かは各医療機関や薬局が任意で決めるようになっています。厚生労働省の公式サイトによる発表を見ると、病院では3台までを無償提供、薬局や診療所などでは1台を無償提供するとしています。しかし、ネットワークの導入なども必要なためでしょうか。全機関で最初からリーダーが設置されるわけではないようです。

仕組みがスタートする令和3年3月の時点では導入率は約6割となる予定です。カードリーダーが導入されていない医療機関や薬局では従来通りに保険証で手続きをしなければいけません。マイナンバーカードの券面には特に保険資格を証明するための情報が記載されておらず、中のICチップにしか記録されていないためです。

今までマイナンバーカードを持つメリットがあまりないのでマイナンバーカードを持っていないという人も多かったのですが、保険証として利用できるようになれば利用できる機会が増えるので普及に弾みがつくのではないでしょうか。

コメント