LINEのClover Deskをブラックフライデーセールで入手

日記・ショッピング

先日、楽天市場でブラックフライデーセールが開催されていましたが、楽天ブックスでも連動してセールが開催されていました。その目玉商品の一つとして、LINEのClover Deskが3000円弱で販売されていました。2019年3月発売の商品で定価だと27540円となっています。僅か1年半で9割引になるというのは驚きです。

スマートスピーカーに7インチの液晶ディスプレイが付いている商品です。ちなみに解像度は1024×600です。スピーカーはフルレンジのユニットが二つ、アンプの出力は20Wです。

便利そうなのでホワイトを楽天スーパーポイントを使って購入してしまいました。

商品の内容

箱から商品を出して付属のACアダプターと接続しコンセントに挿しました。(箱の中には本体、ACアダプター、説明書しか入っていません。とてもシンプルです)

本体は意外と重くて底面は面積があるので安定して置くことができます。底面には滑り止め防止のゴムシートが貼り付けられています。

すると充電を始めたようです。

画面の上にはカメラ、カメラの左側には赤外線発信機、上面にはマイク、カメラのON、OFF、再生/一時停止ボタン、ボリュームボタンが並んでいます。上部のボタンはゴムで覆われているのですが、手探りだと、どれがどのボタンかが非常に分かりにくいです。また、フニュッとしているので押しにくいボタンです。

背面には電源ボタンとACアダプターの差込口があります。

起動しない

本体の電源ボタンを押しても、充電マークと「少々お待ちください」というメッセージが出て立ち上がりません。もしかすると、バッテリーは空っぽの状態で出荷されているのかもしれません。リチウムイオンバッテリーはフル充電でも空っぽでもバッテリーに負荷がかかるので、ある程度充電した状態で出荷している商品が多いと聞いたことがあるのですが、この商品に限っては違うようです。

しばらくすると、充電が7%まで完了したという画面が表示されるようになりました。ここで電源ボタンを長押ししたら起動してくれました。

アプリと接続

スマホにインストールしたLINEのCloverアプリでクローバーデスクを接続しました。Wi-Fiに接続しました。

アップデート

自動的にアップデートが始まりました。ダウンロードはすぐに終わったのですが、インストールは開始しませんでした。充電後に自動的にインストールを再開しますというメッセージが表示されています。インストール時に万が一、電源が落ちてしまったら、再稼働できない文鎮になってしまうので、ある程度まで充電しなければいけないのでしょう。

しばらくすると、アップデートを始めてくれました。アップデートが終わると再起動します。起動した後、またダウンロードが始まりました。そのあとはまたインストール、再起動です。こんなことを4回ほど繰り返しました。結局、利用できるようになるまで1時間以上はかかったように思います。

起動

無事にデスクトップ画面が表示されて使えるようになりました。デフォルトでは、「ねぇクローバー」と話しかけると声で操作できるようになります。「ユーチューブを開いて」というとスムーズにユーチューブの画面が表示されました。レスポンスもよく、動作スピードは問題なさそうです。

YOUTUBE

画面はタッチパネルになっています。ソフトウェアキーボードでキーワードを入力して検索することもできました。ユーチューブにログインすることもできます。

一つだけよく分かっていないのは動画を一つユーチューブで見るとそのまま終わってしまう点です。本当は関連する動画を連続して再生してくれると手間がかからずに良いのですが、まだその設定方法が分かっていません。もう少し調べてみます。

画面を上から下に向かってスワイプすると操作パネルが出てきますので、ホーム画面に戻ったりすることができます。

BGM再生

在宅勤務をしているときに何かBGMを流しておきたいと思ったときは、「動画ブラウザでCafe Music BGM Channelを検索して」と話しかけると、BGMに相応しいライブ番組を一覧で出してくれます。まるでカフェで仕事をしているような雰囲気になります。

音質

音質はとても良いわけでもなく悪いわけでもなくという感じです。ブラウンも持っているのですが、低音はブラウンの方がよく出ます。

ただ聞き苦しく感じるような音質でもありませんので、普通にBGMとして流しておく分には十分な音質です。

まとめ

単にYouTubeでBGMやBGVを流しておくだけでも十分にコストパフォーマンスの高い商品だったと思います。気になるスキルなども有効にして更に便利に利用できるようにしたいと思います。

コメント