米Apple社は世界のスマホ販売台数でトップ3圏外に脱落

スマホ・タブレット・AV

ガートナーが11月30日に発表したレポートからの引用で、Apple社の第3四半期の全世界スマートフォン販売台数で4位に転落してしまったという報道がありました。気になる第一位は韓国のSamsungで8082万台のスマートフォンを販売しています。続いて、第二位は中国のHuaweiで5183万台、第三位は中国のシャオミで4441万台のスマートフォンを販売しています。第四位のAppleは4060万台でした。韓国や中国のメーカーにかなり差をつけられています。

全世界のスマートフォンの市場は前年同期比で5.7%減少の3億6666万台です。新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の買い物であるスマートフォンを買い替えをする人が減ったのではないかとみられています。Apple社は前年同期比で0.6%減少です。これは2020年の新型iPhoneの発売が例年より遅かったことが原因と分析されています。

ただ、今のままだとApple社の販売台数シェアは徐々に落ちてしまうのではないかと危惧しています。やはり、Apple社のiPhoneはデザインや品質、使い勝手が良いことは間違えないのですが、値段の高さがどうしてもネックになってしまいます。日本では通信料と端末代金がごっちゃになって、端末をガートナーが11月30日に発表したレポートからの引用で、Apple社の第3四半期の全世界スマートフォン販売台数で4位に転落してしまったという報道がありました。気になる第一位は韓国のSamsungで8082万台のスマートフォンを販売しています。続いて、第二位は中国のHuaweiで5183万台、第三位は中国のシャオミで4441万台のスマートフォンを販売しています。第四位のAppleは4060万台でした。韓国や中国のメーカーにかなり差をつけられています。

全世界のスマートフォンの市場は前年同期比で5.7%減少の3億6666万台です。新型コロナウイルスの感染拡大により、不要不急の買い物であるスマートフォンを買い替えをする人が減ったのではないかとみられています。Apple社は前年同期比で0.6%減少です。これは2020年の新型iPhoneの発売が例年より遅かったことが原因と分析されています。

ただ、今のままだとApple社の販売台数シェアは徐々に落ちてしまうのではないかと危惧しています。やはり、Apple社のiPhoneはデザインや品質、使い勝手が良いことは間違えないのですが、値段の高さがどうしてもネックになってしまいます。日本では通信料と端末代金がごっちゃになって、端末を24か月の月賦販売で購入することが多かったので、端末代金の高さが気になることもなかったのですが、今となっては通信料と端末代金が別に提示されるようになって、iPhoneのような10万円以上するよう高い端末に手を出そうという気分になれなくなってきています。以前であれば圧倒的にAppleのiPhoneが魅力的でしたが現時点ではAndroidのスマホもずいぶん使い勝手がよくなってきたので、あえてiPhoneにこだわる必要もなくなってきました。

iPhoneにもSEといった廉価版のほか、8といった旧機種を多少は安く購入することができますが、そのお金を出すのであれば、SamsungやOPPOなどの端末の方がスペック的によさそうに見えてしまいます。今の価格帯での販売をAppleが続けるのであれば、どちらかというとお金に余裕がある層が購入する端末というイメージが強くなっていくのではないかと思います。

Apple社は端末の代金で大きな利益を得るよりも、各種サブスクリプションサービスやアプリなどの販売手数料で利益を出し、端末はAndroidの機種に対して価格競争力を持たせた方が良いのではないかとも思うのですが、これから先、アップル社がどのような戦略を立てていくのか気になるところです。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました