総務省が最適なプランを見つけるための携帯電話のポータルサイトを開設

インターネット

総務省は「この機会に確認しましょう!」あなたの携帯電話の契約、携帯電話ポータルサイト(暫定版)というサイトを公開しました。

総務省|携帯電話ポータルサイト

総務省では高止まりして家計を圧迫している携帯電話料金を安くしていくために格安SIMの促進をしたり、通話料金とスマホ本体の価格を分離して価格を透明したりする取り組みをしてきましたが、まだまだ高い料金のプランを使っている利用者が多いために開設したものだと思います。

このサイトを見ると、40%以上の人が月当たり20GB以上の料金プランを契約しているが実際には20GB以上を使っている人は約10%しかいないといったデータを公表しています。消費者から見ると、もしもパケットを使い切った時のリスクを考えると少し大きめのプランと契約しておきたいと考える場合が多いのだと

また、通信料の目安を判りやすく説明するために、ニュースサイトの閲覧は1ページ当たり0.3MB程度、メール送受信は1通0.5MB程度、地図アプリを10分使ったら1MB程度、標準画質の動画を1時間視聴すると300MB~500MB程度といった情報が公開されています。

ただ、GBとMBの単位の違いなどを知らないと、あまりITに詳しくない人にはわかりにくい情報なのではないかと思いました。やはりスマホに関しては技術的な用語が多く出てくるので、敷居が高い感じがする人が多いと思います。

このポータルサイトでは、詳細な情報も多岐に渡って紹介されているのですが、なぜか文字のフォントが小さくて文字数も多く読みにくいです。総務省としては出来るだけ判りやすくするための努力をしているのはよく分かるのですが、官の立場から民間事業者間の乗り換えを促進していくのは少し難しいのではないかと思います。

もしできることならば、保険業界で言えば「保険の窓口」みたいな民間の事業の立ち上げを促進して、消費者がその窓口に行けばワンストップで最適なプランを教えてくれるような仕組みがあると嬉しいと思いました。携帯電話の各事業者が駅前などに販売店を設置するのは高コスト構造になる一つの要因にもなります。一つの販売店で複数の携帯電話会社を選んで契約できる仕組みが今後は必要になると思います。

コメント