ソフトバンクも20GB・月額2980円のプランを発表

インターネット

ソフトバンクがNTTドコモのahamoに対抗して、20GBで2980円の新料金プランを提供する方針を固めたことが各報道機関で取り上げられています。新たな料金プランは傘下のLINEモバイルを吸収合併して開始する方針で非常に利用者数が多いLINEユーザーを取り込むことを狙っているとみられています。

この新しいプランの発表会が12月22日午前10時から実施されています。この発表会の模様はソフトバンクでオンライン配信も実施しています。この内容を見ていると、少しずつサービスの内容が明らかになってきました。

NTTドコモのahamoに類似

まずはドコモのahamoと同様にオンラインでの申し込み専用となります。LINEからも申し込みができるようにするということで、とっつきやすくなるかもしれません。新しいブランドのコンセプトはSoftBank on LINE、LINEを全面的に押し出してきました。新しいブランドの名前については別途発表するとのことです。この新ブランドではソフトバンクと同一のネットワーク品質、全国23万箇所の基地局数が売りになっています。

データ容量は20GB、今回のソフトバンクのプランで差別化されていることはLINEトークやLINE通話は使い放題(LINEがギガノーカウント)となっていることです。また、ahamo同様に5分以内の国内通話は何度でも利用可能な新料金プランを用意しています。

20GBを超えた場合には1GBあたり500円で容量を追加できます。20GBで2980円なのに、それ以上は1GB500円というのは、かなり高い値段設定のように思いました。ただ、ahamoと同様に20GBを超えたときの速度制限は最大1Mbpsとなっているので通常の利用方法ならば追加容量を購入しなくても大丈夫かもしれません。

すでにLINEにはLINE Mobileがありますが、これとは全く別にブランドを作った形になりました。どんどん分かりにくくなっていきます。なお、MVNOの位置付けとなるLINE MOBILEは2021年3月以降は新規受付を停止する予定です。

大容量プランも値下げ

合わせてこの発表会では大容量プランを900円から1900円の値下げをすることも発表しました。メリハリ無制限は月額6580円(税抜)で無制限のデータ通信を実施できるようになります。現在のメリハリプランと比較すると5Gで1900円の値下げ、4Gで900円の値下げとなります。月間のデータ容量が3GB以下だと月額1500円の割引もあります。しかし制約事項もあり、時間帯によっては通信速度を制御する可能性があるほか、テザリングやデータシェアの容量は月間で合計30GBまでとなっています。

コメント