豪華クルーズ客船の飛鳥2で新型コロナウイルス感染者発生

日記・ショッピング

4月29日に横浜港を出港したクルーズ船「飛鳥2」で新型コロナウイルス感染者が発生したことが報道されています。東京では緊急事態宣言、周辺の県でも蔓延防止措置が取られている中で、クルーズ船の運行がおこなわれていたとは知りませんでした。重症患者が増える中、医療機関も逼迫していて大型商業施設などに対する休業要請も行われている中、なぜクルーズ船の運航に踏み切ったのか疑問が残ります。

日本郵船クルーズが運航

運航会社(日本郵船クルーズ)はクルーズを中止して再び横浜港に向けて戻っています。到着は5月1日以降になる見通しだとされています。

ゴールデンウイークに青森・北海道クルーズ

クルーズは「ゴールデンウィーク 青森・北海道クルーズ」という名前で募集されました。4月29日の午後5時に横浜港を出港、途中、青森、函館、釧路に寄港して、5月5日の朝9時に横浜港へ戻ってくる予定でした。料金は客室のグレードによって何種類かあり、39万8500円から163万2600円となっています。

陽性者一名・濃厚接触者1名

客船を運航する郵船クルーズでは新型コロナウイルス対策をとっており、この乗客は出港一週間前にPCR検査を受けて陰性となっています。しかし、4月29日の乗船時に再度のPCR検査を受けて、この結果が30日に分かり陽性と判明しました。現時点では郵船クルーズからは陽性のお客様は体調は安定していると発表されています。

(横浜市の会見によると、陽性者は乗客の60代の男性1名、喉に違和感があると話しているようです)

この陽性者は船内の客室で隔離療養となっています。保健所の見解としては同室者以外の濃厚接触者は無いと見解が出ていると郵船クルーズでは公表しています。(横浜市の会見では同室者は家族一人とのこと、また他の乗客からは乗船時の検査では全て陰性になったとのことです)

乗船時の検査では一人を除き陰性であったとしても、乗船後に他の乗客に感染している可能性も否定できません。NHKによれば昨年10月に飛鳥2では船内に感染者が見つかったときの対応方法を訓練しているとのことですが、ほかに感染者がいないことを願うばかりです。

船内の各施設は営業を休止しており全ての乗客は客室内にとどまっています。また、食事は乗員が各客室に配る措置をとっています。

昨年のダイヤモンドプリンセスの例もあるので、横浜港に着いた後、そのまま船内にとどまった方が良いのか、それとも周辺の施設に乗客を移した方が良いのかは、今まさに検討が行われているのではないでしょうか。

船の乗客定員数は872名

飛鳥2の船の諸元を見てみると、乗客定員数は872名、乗組員数は約470名、客室数は436室となっています。今回のクルーズ船では乗船者数を新型コロナウイルス感染防止対策のために制限しているということでしたが、何名が乗船しているのかは現時点では見つけられませんでした。(NHKの報道によれば、船には、乗客およそ300人と乗員400人余りが乗っているとのことです)

ダイヤモンドプリンセスのときにも問題になりましたが、乗組員の部屋は個室になっているのでしょうか。もしも大部屋だとしたら、乗組員が料理を作ったり各部屋に配膳するときの感染防止対策はどのようになっているのかが心配です。

親会社(日本郵船)の新型コロナウイルス対策と明らかな乖離

親会社の日本郵船の公式サイトを見ると、「新型コロナウイルスに対する当社対応について(10)」として下記が発表されています。(2021年04月23日)

新型コロナウイルスに対する当社対応について(10) | 日本郵船株式会社
日本郵船株式会社の「ニュースリリース」をご紹介致します。日本郵船は、国際的な海上運送業を中心とした総合物流事業のほか客船事業などを運営しています。

・政府による緊急事態宣言の発令をを受け、4月26日(月)以降の就労体制を以下の通りに変更することを決定

  1. 対象者:日本郵船本店、横浜支店、関西支店勤務者 (九州支店及び名古屋支店は変更なし)
  2. 期間: 2021年4月26日(月)から当面の期間
  3. 勤務体制:原則在宅勤務とします。
  4. 出張: 国内外ともに原則禁止とします。
  5. 社外関係者との打ち合わせ: 対面での面談は原則禁止とし、極力Microsoft Teams等のビデオ会議を活用します。
  6. お取引先の皆様の当社事務所へのご来社は、原則ご遠慮頂きますようお願いします。

自社の社員は原則在宅勤務、出張は国内外とも禁止という厳しい対応をしているのに対して、グループ会社がクルーズ船を運航するというのはいかがなものなのでしょうか。乗員がクルーズ船で国内各地を寄港するのは出張ではないのか?、乗客の安全についてどう考えていたのか問われると思います。

商船三井客船の「にっぽん丸」も運行休止へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本一周の航海中だったクルーズ船「にっぽん丸」が運航を中止して3日に横浜港に帰港した。クルーズ船「飛鳥Ⅱ」で一人の乗客に陽性が確認されて、5月1日に横浜市が大分県の佐伯港に停泊中のにっぽん丸に運航中止を要請しました。この船には乗客280人、乗員200人を乗せて日本一周クルーズとして運航中で5月8日に帰港する予定でした。こちらの船では出港前後に2回にわたってPCR検査を実施しいていましたが、全員の陰性が確認されていました。

Related posts

コメント