iOS15は米国では身分証明書や自宅の鍵に

スマホ・タブレット・AV

WWDC21での発表内容によれば、15にはまた独創的な機能が組み込まれることになりました。

iOS15について

iOS15は2015年9月に発売されたiPhone6s以降のiOS14を搭載するすべての端末がアップデート可能です。しかし、iOS15のすべての機能が使えない機種もあります。すべての機能を使うためにはiPhone XSまたはiPhone XRに搭載されたA12BionicプロセッサよりもパワーのあるCPUが必要です。

Walletに鍵(デジタルキー)の取り込み

一つは以前からあるWalletに鍵の機能が取り込まれる点です。会社の入館証を取り込んだり、スマートホーム化した自宅の鍵を取り込んだり、ホテルの鍵を取り込んだりすることができるようになります。

数年後にはホテルでチェックインしたときに、カードキーを渡されるのではなく、手持ちのiPhoneにキーの情報を取り込むような形になるかもしれません。こうなれば、スマホは肌見離さず持ち歩くことが多いので、部屋の中にカードキーを忘れて困ってしまったということも防げるかもしれません。

身分証明書の取り込み

米国では身分証明書の取り込みもできる方向で調整が進んでいます。日本でもマイナンバーカードを取り込むことができるようになる日も近いと思います。

FaceTimeの拡張

最新のiPhoneであれば背景をぼかすことができます。また、空間オーディオによって対面しているのと同じくらいスムーズに会話ができるようになります。ただ、私自身、FaceTimeを使う機会がないので、この拡張はあまり恩恵を受けることはないかもしれません。

ドラマティックな天気表示

iOS15の天気アプリは気象状況をコンピューターグラフィックスでアニメーションも使ったスタイリッシュに表現される仕組みが導入されます。

私自身はプライベートで使っているiPhoneは第2世代のSEなので、iOS15の新しい機能は使えないものが多々あることになります。少し残念ですが、また何年かしたら機種を乗り換えることで新しい機能を使おうと思います。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました