Gmailのファイル添付忘れを防ぐ機能が秀逸

メールを送信する際に、本来はファイルを添付して送ろうと思っていたけれども、ファイルの添付を忘れて送信ボタンを押してしまったという失敗は、誰にでもあるのではないかと思います。送信先の相手から、「ファイルが添付されていないようですが」という返信が来ると冷や汗をかいてしまいます。

そんなファイルの添付し忘れを防いでくれる画期的な機能がGmailに実装されていることが話題になっています。

具体的にはメールの本文に、「ファイルを添付します」という感じの言葉が書かれているのに、送信ボタンを押された際にファイルが実際には添付されていないと警告メッセージを出してくれます。

実際に試してみました。こちらがメールのタイトルと本文になります。

GMAIL

この状態で、左下の「送信」ボタンを押すと、こちらの警告メッセージが表示されました。

GMAIL

とても判りやすいメッセージです。

ファイルが添付されていないようです。メッセージに「添付いたします」と書かれていますが、ファイルが添付されていません。このまま送信しますか?

これならば、ファイルの添付を忘れる事故は相当数減るのではないでしょうか。

メーラーがメールの中身を読んでいること自体に対する気持ちの悪さといった気になるところはありますが、信頼できる会社が規定に基づいて運用しているのであれば、これは実装されていれば間違えなく便利な機能です。

これから先もこのような便利機能によって生産性を上げることができる期待につながるものでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました