楽天モバイルが5G(Rakuten Turbo5G)対応のホームルーターを発売か

最近、キャリア各社から自宅向けのホームルーターが発売されて話題になっています。以前のモバイル回線はなかなか満足いく回線速度が出なかったので、自宅の常時接続回線の代わりにはしにくかったのですが、5G回線の普及により状況が変わってきました。

NTTドコモのHOME 5Gが人気

3つのキャリアの中では特にNTTドコモのHOME 5Gに人気が集まっています。NTTドコモのHOME 5Gはこちらで紹介しています。

ドコモの5Gホームルーター「home 5G」は常時接続回線の代わりになるか
home 5Gのサービス開始が8月27日に迫ったため、最新の内容に修正し公開しました。 NTTドコモがホームルーターサービス(home 5G)とサービスを提供する機器(home 5G HR01:シャープ製)を8月下旬に提供することを発表し...

楽天モバイルのホームルーター?

そんな状況の中で、楽天モバイルもホームルーターを発売するのではないかと噂されています。というのも、2021年3月15日付でフィンランドのNokia(ノキア)社製の端末「RCP-N01」が電波法に基づく工事設計認証取得に続き2021年3月にWi-Fi Allianceの認証を通過したためです。(Wi-Fi CERTIFIED 6/a/b/g/n/ac)

サービス名はRakuten Turbo5G?

また、製品名は「Rakuten Turbo5G」とされているので、これが楽天モバイルの5Gモバイル通信対応ホームルーターではないかと言われています。

楽天モバイルでは4Gに対応した基地局の増設を全国に進めていますが、同時に一部では5Gに対応した基地局も設置しています。こちらが2021年9月3日現在の東京都区部エリアの5G対応状況です。

楽天モバイルエリア

ほぼ全域が楽天回線4G LTEエリアに対応していることが判ります。ただ、5Gに対応したエリアの水色と黄色のエリアは非常に限られていることが判ります。「Rakuten Turbo5G」のうわさは2020年秋ごろからあるのですが、少し正式なj発表が遅れています。この正式な発表の時期については、5Gエリアの拡充と合わせる意図がもしかするとあるのかもしれません。

また、すでに楽天モバイルから提供している常時接続回線サービスの「楽天ひかり」との差別化をどうするかという問題もあります。こちらは戸建て向けサービスが月額5,280円なので、これよりも安い価格で「Rakuten Turbo5G」のサービスを開始すると乗り換えが進んでしまうかもしれません。

もし、楽天が「Rakuten Turbo5G」のサービスを開始したとすると、月間のデータ通信量には制限をつけずに無制限とすると思います。気になるのはその値段がいくらになるかということです。今後の正式な発表を待ちたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました