グリッププレッシャーが強いこととその対策

先日、プロゴルファーの飯島茜さんのYouTubeを見ていると、黒田カントリークラブさんとの共演動画でアプローチのグリップの仕方についてアドバイスをしていました。

黒田カントリークラブさん、とても強くグリップを握ってしまっていたので、右手の親指と人差し指は輪っかを作る程度でグリップを包んだ方がいいですよというアドバイスです。こちらの動画です。

私もグリッププレッシャーが強すぎて、クラブのヘッドが走るのを阻害して変な操作をしてしまうのでミスショットが多いです。これは良いことを聞いたと思い、先ほどゴルフ練習場に行って試してきました。

正直に言ってこれは良いです。右手のグリップの力が抜けてヘッドが走るようになることを感じることが出来たのと、圧倒的にミスショットが減りました。

たまたま今度、オノフのイベントで飯島茜さんのレッスンの予約ができたので、お礼を言っておこうと思います。

ただ、親指と人差し指はピッタリとつけて根元のV字を右肩を向くようにするという基本もあるので、もしも弊害があるようであれば基本に戻すことも考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました