無人コンビニを初めて利用~便利~

先日、無人コンビニを利用する機会がありました。準備としては専用のアプリをスマホにインストールして、クレジットカードを登録するだけで入店ができるようになります。

入店する前にスマホの専用アプリを起動してバーコード(QRコード)画面を出しておきます。これを無人コンビニ入口にある読み取り機にかざすことで入店ができます。QRコードは一定時間ごとに書き換えられるので、もしもQRコードを盗まれたとしてもリスクは最小限で済むようになっていました。

店内に入ると四方八方に監視カメラがあることに気づきます。このカメラが店内の人の動きや手の動きを読み取っているようです。棚から商品を取ったあと、やっぱり気分が変わったときはその商品を棚の元あった場所に戻しても大丈夫です。(商品棚には重量センサーが付いているとのことです)

ただ、店内の他のお客さんに商品を手渡すことはやめてほしいという注意書きがありました。人から人へ商品を店内で渡すと、どの人が何を持っているかを追いきれなくなるためでしょうか。

商品は通常のコンビニと同じようにソフトドリンク、お弁当、スイーツ、パン、お菓子などが並びます。揚げたての惣菜のようなコーナー、アイスクリームの販売はなかったようです。

棚の前で購入を悩んだり何かの商品を関心深く見たりすると、その情報が「製品に興味あり」と判断されて後日のキャンペーン等で案内されたりするような仕組みも今後は作っていくとのことです。確かに有人コンビニではできない色々な取り組みができそうです。

商品を購入する際はどのレジを通すのか?と思いつつ店内を見渡してもレジはありません。説明を読むと購入したい商品を持ったままでそのまま出口のゲートから外にでることで決済が完了するようです。説明のとおりに出口ゲートから外に出ると特に何らかの音などがすることもなく店の外に出ることができました。店の外に出るときはQRコードをかざす必要すらありません。

普通のコンビニで購入するときは、「1230円です」といった形で金額を言われて納得することで支払いを行いますが、無人コンビニでは店を出るまで自分がいくら分を購入したかも自分で計算をしていない限り判りません。また、その状態で店を出たときに自動的に精算が終わってしまうのでどの時点で契約が成立したのか、今一つよく判らない印象を受けました。

店から出た後にアプリの購入履歴の画面を見ると確かに手に取って無人コンビニの出口ゲートを通ったときの商品が「購入完了」と表示されています。レジで精算待ちをしなくても良いのでこれならば便利です。(ただ、レジを通さずにお店の外に出ると、万引きでもしてしまったかのような嫌な感じがします。何か、精算完了を伝える通知音が鳴ると嫌な気持ちは軽減されるかもしれません。)

現時点では実証実験的な意味合いが強いと思いますが、実際に運用されていく中で精度が上がっていって、街中で無人コンビニ、無人ドラッグストアが見られるようになる日も近いのではないかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました