通販で発生している詐欺行為に注意

最近ではネット通販で商品を購入する機会が増えていますが、Amazonで詐欺にあうケースが報告されていました。楽天市場ではマスクなどを高額で転売するお店などが問題になったケースがありますが、下に挙げたようなAmazonで発生している事例はあまり聞いたことがありません。Amazon固有の課題があるのかもしれません。(ここで挙げた事例以外に楽天、Amazon共通してフィッシングメールは犯罪者から多く送り付けられていますので、メールに書かれているURLをクリックしない、添付ファイルは開かない等の注意が必要です)

スポンサーリンク

Amazonマーケットプレースにおける極端に安い商品の例

その商品の通常の販売価格よりもかなり安い金額で販売しているように見せかけ、消費者が購入すると、「海外からの発送のため時間を要する」と連絡したまま商品を発送しないというケースが報告されています。この詐欺にあうと、単に代金を持ち逃げされるだけではなく、氏名、住所、電話番号などの個人情報も別の詐欺などに悪用されてしまうケースがあることが注意喚起されています。

Amazonマーケットプレースで信頼度が高い出品者が出している商品を除いては、価格に飛びついて購入するのは危険です。

Amazonマーケットプレースだけではなく、Amazonから直接送られてくる商品でも被害が報告されています。

別の商品や商品そのものが空で届けられる例

Amazonから直接発送される商品であったとしても、宅配は普通に届くもののCPUなどが抜き取られて付属品のCPUクーラーなどしか入っていなかったという詐欺も発生しています。これは悪意のある利用者がAmazonから商品を購入した後、商品を箱から抜いて何らかの理由で返品している可能性があると言われてます。Amazonでは返品された商品を箱の重さでしか検品を実施しておらず、別の購入者に商品を抜き取られた箱を送ってしまうのではないかと推測されています。

被害にあった際に、購入者がAmazonに対して被害を報告しても、購入者が商品を抜きとった可能性をAmazonでは疑うため、返品や返金をなかなか受け付けてもらえないケースもTwitterで報告されていました。

新品の本を注文したら中古本が届く例

新品の本を購入したはずなのに中古のラインマーカーが引かれている本が送られてきたという被害も発生しています。この被害も返品時に中古本に差し替えて返品をしている悪意のある利用者がいるために発生しているのかもしれません。

もし返品時に商品を差し替えられてしまったものが別の購入者に送られてしまっているのだとすれば、Amazonは返品された商品の中身を実際に取り出して検品をする等、仕組みを変えなければいけません。ただ、返品された商品すべてについて人手をかけてチェックしているとその人件費が大変なことになるので、返品を簡単には受け付けなくする等の何らかの見直しが必要になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました