さくらのレンタルサーバーが処理能力5倍の新サーバーを2月から導入

2022年1月17日にさくらインターネットでトラブルがあり、こちらのブログも1時間あまり閲覧ができない状態になっていました。WordPressのJetpackからダウン通知が来たため、さくらインターネットのレンタルサーバー コントロールパネルにアクセスしたのですがログインすらできない状況になっていました。

かなり広範囲でトラブルの影響は及んだようで、サーバーによっては完全復旧までに何時間もかかったようです。

[さくらのレンタルサーバ]障害発生のお知らせおよび復旧のお知らせ | さくらのサポート情報
平素よりさくらインターネットをご利用いただき、誠にありがとうございます。ご提供サービスにおきまして、以下の通り障害が発生しております。ご利用中のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。なお、最新の復旧状況は障害情報でお知らせしておりますのでご確認いただ

さくらインターネットは安定している印象があったのですが、最近、トラブルが増えてきました。これからが少し不安です。

そんなトラブルの情報を確認していた際に、うれしい情報を見つけることができました。レンタルサーバーのハードを一新して、最大で5倍の速度向上を2022年2月から導入しはじめるようです。こちらで詳しくアナウンスされています。

さくらのレンタルサーバ
さらに速く、快適に。さくらのレンタルサーバ。SSD化をはじめとした機材の刷新により、当社従来サーバーと比較して5倍の高速化を実現しました。WordPressといったCMSも快適に動作します。さくらのレンタルサーバはサーバー環境の改善を続けていきます。

従来はハードディスクでしたが、これをSSD化するのをはじめ表示速度や処理能力のアップを狙っています。これに伴い、Wordpressをはじめとする各種コンテンツマネジメントシステムもさらに快適に利用できるようになると予告されていました。新サーバーを使っても料金は現在のプランと変更ないそうです。

新規に契約をする人は、新サーバーの提供開始日以降に契約をすれば良いようですが、問題は私のように既にさくらインターネットでレンタルサーバーを借りている人の場合です。

新サービス提供日以降に新サービスへ簡単に移行できる機能が提供されるようなので、これを使えば良いようです。詳細は別途案内されるということなので待っていようと思います。

新サーバーに変更になれば、CDNの設定やDNSの設定などに影響が出ると思います。また、DBサーバーも新サーバーが提供されるのだとすれば、Wordpressのconfigファイルの設定変更も必要になりそうです。移行を簡単にしてくれるツールは何をどこまで簡単にしてくれるのかが気になるところです。

場合によっては新サーバーに自動的に移行される場合もあるとアナウンスされていました。この場合は、IPアドレスなどには影響なく乗り替わるのでしょうか。どこまでが自動なのか、現時点のアナウンスの内容では判りませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました