iOS/iPadOS 15.4ではマスク有でも解除可能に

iOS/iPadOS 15.4では、Apple Watchがなくてもマスクを着用した状態でFace IDを利用する事が可能になるという情報がありました。

iOS/iPadOS 15.4では、Apple Watchがなくてもマスクを着用した状態でFace IDを利用する事が可能に。
 iOS/iPadOS 15.4では、Apple Watchがなくてもマスクを着用した状態でFace IDを利用する事が可能になるそうです。詳細は以下から。

目の周辺の形状を認識することでユーザー認証を行なっていて、普段使っているメガネをかけた状態でもロック解除が可能とのことです。(複数のメガネを登録できるとのこと。ただし、サングラス着用時は認証できません)

今までは、apple Watchを使っていると、マスクをかけていてもFace IDの解除ができたのですが、あくまでもiPhoneの画面のロック解除ができるだけで、アプリでFaceID認証が必要な場合はApple Watchがあってもマスクをかけていると認証を解除できませんでした。マスクの位置をずらして鼻が出るようにしないと認証ができなかったので、とても煩わしい状況でした。

もちろん、認証の精度を悪くすればマスクをしたまま認証させることもできたと思うのですが、セキュリティ的に脆弱になるので、apple社としてはマスクをしたままでもセキュリティを担保できる技術開発を進めてきたのだと思います。その結果が今回のiOS15.4に搭載されたということなのでしょう。

なお、今回の機能はiPhone 12以降の端末が必要となります。また、iOSを15.4にアップデートした後に顔認証のデータを再登録する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました