Appleが2022春のスペシャルイベントの開催を予告

そろそろ開催されると噂されていたAppleのイベントが予告されました。米国現地時間の3月8日午前10時(日本時間の9日午前2時)からの開催になります。今回も新型コロナウイルス感染拡大防止のためにオンラインイベントでの開催で、会場に観客は入れません。

Appleスペシャルイベント

2021年は4月20日に開催されましたので、今年は1ヶ月以上の前倒しということになります。

スポンサーリンク

第三世代iPhone SEが発表か?

今回のイベントではかねてから噂されている通り、第3世代のiPhone SEが発表されることになるでしょう。値段が3万円台ということになれば、かなり入手しやすくなります。

第3世代iPhone SEは見た目はiPhone8と同じで、4.7インチの液晶画面やTouch IDが搭載された形になるのではないかと推測されています。

第一世代のiPhone SE発売から第二世代発売までは大きく期間が開きましたが、もしも予想通りにiPhone SEが発表されれば、第二世代から第三世代は2年程度で発売されることになります。

それだけ、安価なiPhoneを求めている層が多いということなのだと思います。新興国などではAndroidのシェアが高いので、Appleとしても自社サービスの利用者を増やすためにiPhoneのシェアをさらに高める必要があります。

手元にはプライベート用としてiPhone8、仕事用にiPhone12がありますが、普段使いにはiPhone8で十分です。サイズ的にも文字入力をフリック入力するのであればiPhone8のサイズが一番好きです。第3世代iPhone SEは次の乗り換え先として十分に期待できるスペックなのではないかと期待しています。

あとは次世代iPad Airや新型Macの登場を予測する記事がありました。あと、一週間程度で予測があっていたかどうか答え合わせができます。楽しみに待っていたいと思います。

【2022年3月3日追記】

最高峰を解禁

米国メディア向けの招待状には「「Peek performance.」、日本のメディア向けには「最高峰を解禁。」というタイトルが付いていました。iPhone SE 3が最高峰というわけではないと思うので、何を意味する言葉なのか興味津々です。

【2022年3月9日追記】

イベントが開催されました。こちらで紹介しています。

Appleから第3世代iPhone SEが正式発表(3月18日発売)
3月9日に開催されたApple社の新製品発表会「PeekPerformance」で新しいiPhone SEが発表されました。 外観 第二世代のiPhone SEと比較しても違いは判らないレベルです。 本体サイズは67.3(...

コメント

タイトルとURLをコピーしました