ドコモからahamo大盛が登場!

NTTドコモがオンライン専用料金プランahamoにデータ容量80GBを追加できるオプションプラン「大盛オプション」を6月から提供することを発表しました。オプション料金は月額税込1980円です。

スポンサーリンク

ahamoの料金

ahamoは月額税込2970円でデータ容量20GBまで利用できます。これに大盛オプションを組み合わせると、月額税込4950円で毎月100GBまでデータ通信を使うことができます。

100GBの制限を超えた後はデータ通信速度が1M/bpsに制限されます。

NTTドコモの安定した回線網で心ゆくまで動画などの大容量コンテンツを鑑賞したい、テレビ会議やテレビ授業などを長時間使いたいというニーズに応えてくれそうなプランだと思います。

申し込みは2通り

申し込む際には、その日から利用する場合と翌月から利用できる場合のどちらかを選ぶ形になります。ahamo標準の20GBを使い切ってしまったときに大盛オプションに申し込んで、その日から100GBまで使えるというのは便利だと思います。

これまでのahamoの容量追加は1GBにつき550円でしたので、追加で4GB使うのであれば、大盛オプションに申し込んだ方がお得です。申し込みを行った後、翌月からは大盛オプションを解除して元の20GBに戻すことも可能です。

海外ローミングは制約あり

大盛オプションの契約をしても海外ローミングの容量は20GBまでのままです。海外でデータ通信を利用する場合には注意が必要です。

楽天モバイルとの比較

もしも、利用できるエリアは限定されていて、利用する場所は楽天モバイルのエリア内と分かっていれば、値段的には楽天モバイルのプランの方がお得です。楽天モバイルであれば、月額税込3278円で原則データ通信量無制限で利用することができます(データ通信無制限は楽天基地局接続時のみ。公平なサービス提供のため速度制御の場合あり)。

【2022/08/04追記】

5Gギガホプレミアとの比較

ITmediaの記事にahamo大盛と同じドコモの5Gギガホプレミアとの比較がありました。このような大手キャリアの値段が張るプランには興味がなかったので、参考になる記事ではあります。

5Gギガホプレミアというプランは国内では月間の通信容量に制限がなく、テザリングも使い放題、スマホ、タブレット、ケータイ、モバイルルーターなど、色々な端末で利用できることが強みです。税込の月額料金は7315円、インターネットとのセット割や「みんなのドコモ割」など、各種の割引を適用することで月額5115円となります。

一方で、ahamo大盛は月額4950円と価格的には大きな差はありません。ahamo大盛の最大のメリットは、インターネット回線や家族の携帯電話会社などを自由に選ぶことができることなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました