燃料費の高騰を受けて楽天でんきが値上げ

楽天エナジーから「楽天でんき料金改定のお知らせ」というメールが来ました。

昨今のロシアによるウクライナ侵攻などの国際情勢の急激な変化により、国際的に燃料価格が高騰しています。調達先の一つである日本卸電力取引所の取引価格が昨年比2.7倍になるなどしているため、楽天エナジーでは経費節減や電力調達先の見直しをしていましたが、企業努力のみで対応することが困難になったため、楽天でんきの料金改定を実施することになったと説明されていました。

スポンサーリンク

地域により値上げ幅は異なる

地域により値上げ幅は異なっていて、+4.3%から+14%の値上げ幅になります。さらに、燃料費調整制度の上限価格を撤廃することもあわせて発表しました。

新料金は2022年6月1日から適用されます。楽天でんきをこのまま利用する場合は特に手続きは必要ありません。他の電力会社に切り替える場合は契約者側で手続きを進める必要があります。

燃料費調整制度の上限撤廃は怖い

エルピオでんきのようにサービス提供を停止することがなかったのはよかったですが、値上げはともかく、燃料費調整制度の上限撤廃はとても怖いです。

東京電力エナジーパートナーと契約した場合と楽天でんきに契約した場合とでは、メリット・デメリットがどうなるのか、分からなくなってきました。

今回の楽天でんきの値上げ発表を受けて、比較サイトや各種報道でも取り上げられていくと思いますので、早めに検証して、場合によってはアクションしたいと思います。

【2022年4月13日追記】

楽天でんきから東京電力エナジーパートナーへ切り替え

楽天でんきでは大手電力会社の料金よりも微妙に高くなる価格帯で値上げを行ったことから考えて、大手電力会社へ出来るだけ顧客を誘導したいと考えている可能性が高いと理解し、今回は東京電力エナジーパートナーへ切り替えの手続きを実施しました。こちらで紹介しています。

電力価格高騰に伴い「楽天でんき」から「東京電力」に切り替え
従来、電気料金の節約のために新電力の楽天でんき(楽天エナジー株式会社)を利用していました。しかし、昨今のロシアによるウクライナ侵攻などの影響により、燃料価格が急騰した影響を受けて、楽天でんきでは3月30日に、6月1日から値上げすることを発表...

【2022/10/19追記】

さらに大幅な値上げ

楽天でんきはさらに大きな値上げが行われます。

blank
楽天でんきの電気料金が大幅な価格高騰へ
9月20日に楽天でんきから「【重要】「楽天でんき」電気需給約款(低圧)および料金表改定のお知らせ(燃料費調整から市場価格調整への変更)」というお知らせが出ました。タイトルだけを見ると、なんだかよく分からないのですが、エネルギー価格が高騰して...

コメント

タイトルとURLをコピーしました