電力価格高騰に伴い「楽天でんき」から「東京電力」に切り替え

従来、電気料金の節約のために新電力の楽天でんき(楽天エナジー株式会社)を利用していました。しかし、昨今のロシアによるウクライナ侵攻などの影響により、燃料価格が急騰した影響を受けて、楽天でんきでは3月30日に、6月1日から値上げすることを発表しました。

スポンサーリンク

新電力の各社への影響

新電力の会社によっては事業を停止してしまうほどの大きな影響を受けている中で、楽天でんきの値上げは避けられないところでしょう。

燃料費の高騰を受けて楽天でんきが値上げ
楽天エナジーから「楽天でんき料金改定のお知らせ」というメールが来ました。 昨今のロシアによるウクライナ侵攻などの国際情勢の急激な変化により、国際的に燃料価格が高騰しています。調達先の一つである日本卸電力取引所の取引価格が昨年比2.7倍...

例えば、エルピオ電気については事業の停止を発表しています。4月末に供給打ち切りということで、かなり急な発表でしたので、話題になりました。

「エルピオでんき」がサービス停止(4月末で供給打ち切り決定)
エルピオという会社が提供している「エルピオでんき」という電力供給サービスが4月30日に停止されることが判りました。エルピオでんきが提供している全エリアでサービスが停止されます。 サービスを停止する理由はロシアのウクライナ侵攻や福島県沖...

帝国データバンクの3月30日の発表によれば、2021年度の新電力の倒産件数が単年度として過去最多の14件に上ったと調査結果を発表しています。

楽天では燃料費調整制度の上限価格撤廃

楽天でんきの今回の値上げ発表の中で、一番怖い響きを持っていたのは「燃料費調整制度の上限価格撤廃」というフレーズです。電力価格が青天井になるということなのでしょうか。

今までの楽天の仕組みは、実際の燃料の(3カ月間の)平均価格が、想定していた燃料価格を超えたとしても、想定していた燃料価格の1.5倍を超えない形で「燃料費調節額」を計算するとしていました。

しかし、6月以降は1.5倍の上限を撤廃し、たとえ何倍になったとしても実際の平均価格で計算することにしたということになります。

楽天エナジーでは、「燃料調整単価は、平均燃料価格の上昇に応じて設定される。燃料価格の上昇幅以上に燃料調整単価が設定されることはない」と説明しています。ただ、これも微妙な説明で、今後、どの位の幅で増えるのかがよくわかりません。

市場連動型プランには注意

楽天でんきは違いますが、「市場連動型プラン」で提供している電気事業者もあります。

卸電力取引所の市場価格に連動して「燃料費調節額」ではなく「従量料金」の単価が決まる連動型の場合、燃料の価格によっては数倍から数十倍にまで電気料金が膨れ上がるケースがあります。新電力の会社と契約している場合には今一度、契約内容の確認をお勧めします。

楽天でんきは地域電力会社への乗り換えを推奨

楽天でんきとしては値上げをしてもなお、逆ザヤになってしまうなどの事業に与える影響や、今後も消費者にとって不利益な対策を取らざるを得ないことが予期されるためだと思うのですが、「地域の電力会社への乗り換えを推奨する」と読み取れる周知を多く実施しています。

具体的な料金影響のシミュレーション

4月8日に楽天でんきから、料金値上げによる具体的な影響を知らせるメールが送られてきました。要旨は下記の通りです。

  • 3月の電力使用実績をもとにして、価格値上げ後の料金と地域の電力会社の料金の比較
  • 燃料費調整額は今回の試算に含めていない
  • 料金改定前後の料金比較  +1800円
  • 値上げ後の料金と地域の電力会社の料金の比較  +300円
  • 値上げをする6月1日までに地域の電力会社へ切り替えるためには4月20日までの地域電力会社での申し込みが必要
  • 地域の電力会社へ申し込みをすれば、楽天でんきへの解約の申し込みは不要
  • また将来、楽天でんきが新規加入申し込みを再開したときには契約を戻すことも可能

この周知内容を見ても、地域の電力会社へ切り替えることを強く薦めていることが分かります。

新電力の仕組みの問題か

今回のドタバタ劇は楽天エナジーに問題があったというよりは、今回のエネルギー高騰のような異常事態まで予期せずに、新電力の仕組みをスタートさせた国の検討の甘さによるところが大きいと思います。

エネルギー価格に右往左往して利用者が電力会社を切り替えるのは本来の姿では無いので、今一度、電力に関する競争の在り方について、国では徹底的な検討と議論を望みます。

【2022/04/12追記】

楽天でんきから解約の通知

東京電力に申し込みを行ってから5日ほどで、楽天でんきから「解約を賜った」という主旨のメールが届きました。

電気供給停止日は2022/05/01と通知されました。東京電力に申し込む時、5月1日を希望したのですが、この希望が通ったようです。

メールには下記のように補足されていました。

上記、供給停止日は、最終ご使用日の日中にも電気がご使用できるよう、ご記入いただいた最終使用日の翌日の日付となっております
また、電気のご解約にあたりまして建物の解体が無い場合、お立会いは不要でございます。※「楽天でんき」からの最終請求は、電気供給停止日の翌月もしくは翌々月となります。解約後も約6カ月間はマイページにログイン可能でございますので、ご活用いただければと存じます。
逆に東京電力からはいつから使用開始になるのか?という通知は一切ありません。大丈夫なのでしょうか。
【2022/04/16追記】

くらしTEPCOの問題

東京電力エナジーパートナーから「手続きが終わったので、くらしTEPCOから契約内容に間違えがないか確認する」ことを促すメールが来ました。

──────────────────────────────────
■□ 【重要/くらしTEPCO web】ご契約内容のお知らせ □■
──────────────────────────────────いつもご利用いただきありがとうございます。
ご契約開始または変更のお申込みをいただいたご契約について
ご契約内容をお知らせいたします。
本日17時頃にご契約内容がWebページへ反映されます。
下記URLより「くらしTEPCO web」にログインのうえ、必ずご確認ください。
https://www.app.kurashi.tepco.co.jp
◆ご契約内容の確認方法◆
・スマートフォンでご覧いただく場合
画面右上にある三本線のマークをタップし、
「契約内容の確認・変更」をお選びください。・パソコンでご覧いただく場合
画面右上にある「各種お手続き」をクリックし、
「契約内容の確認・変更」をお選びください。◆ID・パスワード未設定の方◆
メール件名「東京電力エナジーパートナーお申込み受付のお知らせ」にて
ID・パスワード登録用のワンタイムURLをお送りしています。
そちらからご登録をお願いします。ご契約内容に関するご質問・お問い合せは、
電話またはWebお問い合せフォームにてご連絡ください。
<電話でのお問い合わせ>
電話番号:0120-995-113
[受付時間]9:00~17:00(月曜~土曜/休・祝日を除く

 

さっそく、くらしTEPCOにログインしてみましたが、「契約を申し込む」、「契約を登録する」の選択肢しかなく、契約内容を確認できません。(本来であれば、「契約内容の確認・変更」が選べるようになっているようです)

「契約を登録する」のボタンを押すと、「エラーが発生しました。現在、問題の解決に努めております。しばらく時間をおいてから再度アクセスしてください」というメッセージが出ます。

数時間経ってから同じことをやっても、数日経ってから同じことをやっても、エラーが発生することに変化はありませんでした。誰も問題の解決に努めていないようです。

仕方がないので、問い合わせページから問い合わせをしましたが、三日経っても返事はありません。東京電力は大丈夫でしょうか。

【2022/04/19追記】

電話で問い合わせ

やはり東京電力から返事は返ってきません。今一度、問い合わせフォームから同じ質問を送ってみました。

また、チャットで契約内容の確認ができるようなので、こちらから確認すると、「契約が見つかりました」という返事は出たのですが中身を確認しようとするとエラーになってしまいました。

ただ、問い合わせ先の0120の電話番号が表示されたので、こちらに電話してみると、午後8時ごろだったにも関わらずオペレータにつながりました。

ただ、契約内容が閲覧可能になったというメールをもらったことを伝えても、

  • 供給の開始日が5月1日なのでそれ以前は確認できない
  • 5月1日になったらIDとパスワードが書かれたメールが送付されるのでそちらを確認してほしい

と言われました。明らかにメールで指示された内容と異なりますが、5月1日になるのを待ちます。

メールでの返答

問い合わせフォームから問い合わせた内容に関してメールで返事をいただきました。

 

くらしTEPCOサポートセンター (東京電力エナジーパートナー株式会社)

当社の自由化以降の料金プランにご契約いただいた場合
ご契約開始日以降に、「くらしTEPCO web」内で確認していただけるようになります。
ご契約情報の反映はされておりますが、案内がわかりづらく、重ねてお詫び申し上げます。

ご契約開始日につきましては、
メニューの「各種お手続き」>「契約内容の確認・変更」が
表示されるようになりましたらご確認ください。
※スマートフォンにてご覧いただいているお客さまは、
画面右上のメニュー(≡マーク)から「契約内容の確認・変更」を選択してください。

なお、ご契約開始日やお手続き状況につきましては、
当社カスタマーセンターへお問い合わせいただきますようお願いいたします。

■新料金プラン専用ダイヤル
https://www.tepco.co.jp/ep/support/customercenter2/change.html

ご不明な点がございましたら、ご返信くださいますようお願いいたします。

電話での回答と同様に契約開始日の5月1日以降にならないと契約内容をくらしTEPCOで確認できないという返事でした。最初に貰った「ご契約内容のお知らせ」メールは、くらしTEPCOで契約を確認することを明らかに促すメールですが、「案内がわかりづらく、重ねてお詫び申し上げます。」という回答はなんとなくおかしい気がします。
契約開始日以前に契約内容を確認したい場合は、「新料金プラン専用ダイヤル」で確認することができるようです。
ところで、「新料金プラン」に申し込んだ意識はあまり無かったのですが、他社からの切り替えの申し込み時に選択できた下記のプランは新料金プランだったということのようです。
  • スタンダードS
  • スタンダードL
  • プレミアムS
  • プレミアムL
  • 夜トク8
  • 夜トク12
  • アクアエナジー100

従来からあるプランは「従量電灯B・C」と呼ばれるようで、他社から東京電力に切り替えるときにはこのプランは選択できないようです。

携帯電話料金のように段々、電気料金も判りにくくなってきました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました