ロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプラン

ロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプランに他社からの引っ越しで12ヶ月間にわたって月額が1円になるキャンペーンがこのゴールデンウイーク(4月29日~5月8日)で実施されていました。(ロリポップハイスピードプランへのお引越しで月額1円キャンペーン!)

スポンサーリンク

ロリポップのハイスピードプラン

ロリポップのレンタルサーバーは以前から知っていたのですが、さくらインターネットと比較すると少し魅力度が落ちるイメージを持っていたのですが、今回のキャンペーンをきっかけにして今一度、ロリポップのサービス内容を確認してみました。

まず一つ驚いたのは、ハイスピードプランはWebサーバーとして、LiteSpeedを採用していることです。通常はApacheを利用していることが多いですが、LiteSpeedは第四世代のWebサーバーとしても呼ばれるように、最近主流のWordPressなどとの相性を重視していて、WordPressの速度はApacheのWebサーバーと比較して84倍の性能が出るとされています。

二次記憶装置はハードディスクではなく、SSDを採用、容量は400GB(ファイル容量は350GB)、転送量は無制限、自動バックアップが無料(復元は有償)、月額料金は36ヶ月間の契約で月額550円ととても安価になっています。

さくらインターネットのプレミアムプラン

対して、現在契約している、さくらインターネットのレンタルサーバー(プレミアムプラン)はこれから契約する人に対しては、月額1571円でWebサーバーはApache、ディスク容量は400GB、自動バックアップ無料、転送量無制限、無料CDN付き(サブドメインがwwwのみ)という条件になっています。(既存契約者はHDDで最大200GB)

明らかに内容面では、さくらインターネットの方が料金的に3倍くらい高いような気がします。

さくらインターネットではこの2月に新規契約者に対して、WordPressのスピードが最大で5倍になるという新サーバーの提供を開始しました。既存契約者に対しては、6月中旬に簡単に切り替えられる仕組みを提供するとアナウンスしています。

今回、ゴールデンウイーク期間中に、ロリポップに乗り換えることも考えましたが、さくらインターネットには今年の1月に1年分の料金を支払い済のため、少なくとも6月中旬の新サーバーへの切り替えを経験してから乗り換えを検討することにしました。新サーバーが快適であれば、さくらインターネットで継続、不満が残るようであれば、Xserver、ロリポップ等への切り替えを検討したいと思っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました