iPadを背負って渋谷の街を歩くと収入になる「Stchar !(ストチャー!)」がサービス開始

動画広告を再生させたままのiPadを取り付けたリュックを背負って渋谷の街を歩くだけで稼ぐことができるStchar!というサービスが6月4日から開始されます。専用のリュック(Stcharバッグ)は5500円で販売されます。先着300名までは無料というキャンペーンが実施されていましたが、すでに無料配布分は売り切れになっています。

stcharバッグ

公式サイトより引用

サービス開始時の対象エリアは東京都渋谷区のハチ公を中心とした半径500メートルです。エリアから外れると、活動が広告動画を表示していても報酬にはなりません。公道を歩くことが前提で、商業施設などの私有地に入る場合には広告動画の再生を停止する必要があります。

放映する広告の在庫により変動しますが、活動可能な時間帯は休日の午後5時から午後9時までの4時間に限定、雨天時は中止となります。広告の在庫については、アプリのホーム画面から確認できます。

このバッグに対応するiPadはiOS13以降に対応しているモデルですが、iPad miniと12.9インチのiPad Proはバッグにサイズが合わないため利用することができません。エリアの判定をしていると思うのですが、GPSで行っているのか、Wi-Fiで行っているのか発表されている内容からは判りませんでした。iPadはGPS付きのモデルに限定されているという記載は公式サイトにありません。Stchar!アプリをiPadにインストールします。

広告を再生した数に3円から5円をかけた金額が報酬、1時間に約700円から1200円が稼げるようです。逆算すると一つの広告は1分程度ということになるのでしょうか。人通りの多い場所を歩くと報酬が増えます。その日の報酬はデジタルウォレットアプリ「Kyash」で出勤可能、即日利用可能です。

公式サイトはこちらです。

Stchar! (ストチャー) | 歩いて稼ぐ広告バイト
広告動画を再生したiPadをバッグに取り付け、街中を歩くだけで稼げるギグワーク「Stchar! (ストチャー)」です。アプリを入れるだけで簡単に始められます。好きなタイミングに稼ぐことができ、報酬は即日入金されます。

企業にとって、渋谷など人通りの多いところで広告を出すことは、広告を掲示できる場所に限りがあるので今まで難しかった面が多いと思うのですが、歩いている人の背中に注目したというのは、面白い発想だと思いました。

すでに、今まで試行も実施しており、一定の広告効果があることも実証したうえでの正式サービス開始だと思いますが、今後も広告主を増やしていくことができるかどうかがカギになるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました