アイリスオーヤマ社用車が横断歩道手前で停車中の車を路肩から追い越す危険行為

アイリスオーヤマの公式サイトで、「グループ会社従業員の道路交通法違反に関するお詫び」というニュースリリースが発表されています。

グループ会社従業員の道路交通法違反に関するお詫び
歩行者様に大変危険な思いをさせたことを心より深くお詫び申し上げます。

この中では、下記のように発生した事案を説明しています。

本日(6月7日)、弊社グループ会社の従業員が運転する社用車が、栃木県の信号のない横断歩道で歩行者様が渡ろうとしていたところ、一時停止をせずに側道を通り過ぎました。

一見すると、横断歩道を渡ろうとしている人がいるときに一時停止をせずに通り抜けたように見えるのですが、事実はもっとひどいものです。

こちらがYutubeで公開されている動画です。横断歩道手前で横断者のために停まっている車両のドラレコの映像です。

横断歩道を渡ろうとしている人に気が付かなかったというレベルではありません。きちんと、横断歩道手前で停まっている車がいるのに、その車の左側から追い越しをして横断歩道を突っ切るという卑劣な行為です。横断者が道路を横断していた場合、事故に遭っていた可能性が高いです。

この度のグループ会社従業員の行為は、道路交通法違反であり、あってはならないことだと重く受け止めております。運転していた従業員と上長に厳重に注意を行うとともに、所内において再発防止に向けた指導を行いました。

社内で厳重注意を行ったということですが、道路交通法違反なので、該当のドライバーは警察署に出頭させる必要があるのではないかと思います。

道路構造上の再発防止策として、このように幅の広い路肩があるときには、横断歩道手前にポールを立てて。すり抜けることができないようにした方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました