映画「ゆるキャン△」を鑑賞(ネタバレあり)

今日の午後3時からピカデリー新宿で映画「ゆるキャン△」完成披露試写会と声の出演者の舞台挨拶がありました。(#映画館で野外活動 #ゆるキャン△)

スポンサーリンク

ライブビューイング

また、全国のいくつかの映画館ではその模様がライブビューイングで配信されました。そんなライブビューイングの会場の中から今回は東京都の昭島市にあるMOVIX昭島で、映画「ゆるキャン△」を楽しんできました。

MOVIX昭島

昭島MOVIX

この昭島のMOVIXは、各務原なでしこが仕事をしている設定になっているoutdoor villageが徒歩数分のところにあります。その中のA&F countryというお店が各務原なでしこが仕事をしている設定になっているお店です。

昭島 outdoor village

昭島のMORIPARK アウトドア ビレッジで買い物
昭島のモリタウンに行った際に以前から気になっていたoutdoor villageにも寄ってみました。アウトドアショップだけを集めたショッピングモールです。カフェなども併設されていて、随所で話題になっていました。

今日も映画が始まる前にoutdoor villageに寄ってみました。たくさんのお客さんで賑わっていました。A&F countryの後に向かい側にあるコールマンのお店にも寄りました。残念ながらA&F COUNTRYはゆるキャン△とのコラボは実施していませんでした。とてももったいない感じもします。

各務原なでしこが住んでいる多摩川沿いの場所も昭島の多摩大橋に近いところです。

多摩大橋 多摩川 ゆるキャン 各務原なでしこ

こちらがオフショットビジュアルです。

各務原なでしこ ゆるキャン オフショットビジュアル

© あfろ・芳文社/野外活動委員会

ピカデリー新宿では浜松 春華堂の「うなうなパイ」がお土産で配られたようですが、残念ながらMOVIX昭島ではお土産なしです。唯一、入場時に映画のチラシが配られていました。

舞台挨拶

舞台挨拶はMCの松澤千晶さんがとても上手く進行していたのがとても印象的でした。あまり前に出ない感じで出演者の人の考えていることをうまく引き出してくれる流れを作ります。ただ、グッズの宣伝などでは自ら前に出て観客の注目を集めるような動きをして、メリハリが効いた流れを作っていました。(このあとの日清カレーヌードルとのコラボイベントでも司会をされていました)

道の駅しもべのキャンプ場

また、道の駅しもべでキャンプ場作りをYouTubeで紹介している「ゆるキャン△広報」の方が舞台前に来て、7月1日からキャンプ場の予約を開始、7月16日にオープンすることを発表しました。ちなみに名前は、「道の駅しもべオートキャンプ場〜ゆるキャン△の里」に決定です。略称は「ゆる里」はどうかと言われていました。なかなか良い名前です。

道の駅 しもべ キャンプ場

2022/06/26道の駅しもべに行きました

山梨県身延町の「道の駅しもべ」の訪問とゆるキャン△キャンプサイトの視察
西山温泉から東京に戻るとき、本栖みちを通って河口湖インターチェンジまで行き、そこから中央自動車道で帰ることにしました。この本栖みちの途中にあるのが、道の駅しもべです。ちょうど、身延と本栖湖の真ん中あたりにあります。山菜祭りとアースデーみのぶ

こちらは舞台挨拶が終わった際のショットです。

本当は斉藤恵那の声優、高橋李依さんの話しも聞きたかったのですが、残念ながら出席されていませんでした。やはりもうひとつ上映されている「からかい上手の高木さん」との関係からでしようか。

映画に関して

オープニング

映画の最初ですが、松竹の映画なので、富士山バックのロゴで始まります。

松竹映画

ここから映画本編への遷移が見事でした。これを実現するために、松竹から配給してもらったのではないか?と思えるほどです。そのままカメラがズームアウトすると川口湖畔でキャンプしているところが描かれています。そして、河口湖での花火が開始、映画館でアニメの花火を見ていると、まるで本物のような迫力がありました。

オープニング曲は亜咲花のSun Is Coming Up、この曲のサビに合わせて、志摩りんが電車で通勤するとき、左右のサラリーマンに押されながらも左右に揺られる姿がとても印象的です。

映画ゆるキャン△パンフレット

© あfろ・芳文社/野外活動委員会

メンバーの様子

名古屋の出版社(しゃちほこ出版)で働く志摩りん、東京都昭島市で働く各務原なでしこ、東京のイベント会社を辞めて山梨県庁の観光推進機構で働く大垣千明、山梨県で小学校の先生をしている犬山あおい、横浜で犬のトリマーをしている斉藤恵那、浜松のバイク屋で働いてい土岐綾乃、それぞれの仕事の様子も描かれていました。

5人誰もが結婚していないことになっていました。ファンの心を掴んでおくためには結婚は御法度だったのかもしれません。

ちなみに、犬山あかり(チビいぬ子)は東京で美術大学に通っているという設定になっています。(とすると、TVアニメのシーズン2が放送されてから8年後前後ということになりそうです)

志摩リンのお爺さんも最後のキャンプ場お披露目のときに登場して、「いいキャンプ場だな」と志摩リンに声をかけていました。

映画の感想は次のページに続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました