映画「ゆるキャン△」のモデルとなった「みのぶ自然の里」を訪問

映画「ゆるキャン△」の公開日、2022年7月1日が近づいてきました。映画「ゆるキャン△」はキャンプ場(富士川松ぼっくりキャンプ場)を作る物語になっていますが、そのモデルの一つともなっている「みのぶ自然の里」に行ってみました。

映画の中ではダイヤモンド富士の眺望スポットとして有名な高下にあるという設定になっていますが、みのぶ自然の里はかなり離れた場所にあります。

みのぶ自然の里には、こちらの鉄骨作りの特徴的なドームがあります。

ゆるキャン△ 鉄骨ドーム

©あfろ・芳⽂社/野外活動委員会

国道52号線から看板のあったところで山道を登っていく形になります。数kmにわたって、すれ違いも困難な場所を走ることになるので、もしも映画が公開されて、こちらに訪れる人が増えると、大変な状況になるかもしれません。

スポンサーリンク

みのぶ自然の里へ

朝の8時半ごろに、みのぶ自然の里に着きました。駐車スペースに車を停めて建物へ行ってみると、中にいた人が玄関の扉を開けて迎え入れてくれました。

みのぶ自然の里

「見学したいのですが」と伝えると、「もちろん、アレですよね」、「はい。鉄骨サイトです」という感じでトントン拍子に話しが進みました。「今はキャンプをしている人がいないので自由に散策や撮影をして大丈夫です」ということで、とてもラッキーでした。

みのぶ自然の里 ゆるキャン△

【2022年7月5日追記】このときの訪問時は映画ゆるキャン△の公開前の土曜日の朝で他にキャンプサイトの利用者がいませんでした。どこに鉄骨サイトがあるかわからずに本館に立ち寄りました。また、7月に入ってからは公式Twitterでキャンプサイトを見学する際は必ず本館に立ち寄り受付するように周知されました。道が分かりにくい上、行き来する車が途中で鉢合わせになったらバックすることさえ困難な場所もあるので本館の受付を必ず通して指示に従うのが吉です。

キャンプサイトへの地図

この建物と鉄骨サイトのある場所(山サイト)はかなり離れているそうです。地図で場所を説明してくれました。

ゆるキャン みのぶ自然の里 鉄骨サイト

上の地図にもありますが、柚子サイトは全く別の場所にあります。キャンプで予約するときに鉄骨サイトの近くの場所を確保する際は山サイトを予約する必要があります。

地図で見ると大したことなさそうですが、道が狭くて、きつい坂道もあるので、車で行くにしても歩いて行くにしても大変です。

今回は車でキャンプサイトを目指しましたが、こちらの道も車のすれ違いが困難な区間が多かったので注意が必要です。

【2022/07/03追記】映画ゆるキャン△が公開されたことを受けてこちらに見学に来る方が増えているようです。これに伴いルールが追加されました。キャンパーがテントサイトを利用しているときは敷地内に立ち入ることや写真撮影は禁止です。混雑時は本館に車を停めて徒歩でキャンプサイトまで見学する形になります。

キャンプサイト到着

そして、キャンプサイトが見えてきました。

ゆるキャン△ キャンプ場作るズラ

現地は映画と同じようにキャンプサイトが段々畑のようになっています。車は鉄骨ドームがある段に停めるようになっています。

鉄骨ドーム ゆるキャン△

広報みのぶ

この鉄骨ドームは元々なんだったのでしょう。広報みのぶの7月号に下記の記載がありました。

みのぶ自然の里のキャンプ場にはかつて鳥小屋だった不思議なドームがあるのをご存知ですか?その名も鉄骨サイト!、鉄骨に囲まれたサイトにテントをたてると写真映えすること間違えなし!観光課YouTubeチャンネルで配信中の「みのぶでできる100のこと」にも登場しますが、とにかく不思議な空間で内側から見上げると景色は別世界、星空になると宇宙船から見ているような気分に。平日限定でデイキャンプでも利用できます。

鳥小屋だったということで、間違えなさそうです。

【2022/07/07追記】スタッフトークショーで語られましたが、鳥小屋であったこのドームの網の目が大きすぎて鳥が逃げたという映画の中での話しは事実なのだそうです。

ちなみに、この広報みのぶ2022年7月号の表表紙と裏表紙はこんなにすごいことになっています。

広報みのぶ表表紙

広報みのぶ裏表紙

こちらからダウンロードできます。

広報みのぶ2022年|山梨県身延町
山梨県身延町公式ホームページ

キャンプサイト

原っぱは草がきちんと刈られていて、テントを張りやすそうです。

キャンプサイト ゆるキャン みのぶ自然の里

こちらの三角屋根のある建物がある段はCサイトと呼ばれていて、3区角分となるようです。

みのぶ自然の里

どこからみても、鉄骨ドームは特徴的な雰囲気を醸し出しています。

みのぶ自然の里 鉄骨ドーム

注意書きもありました。

みのぶ自然の里 注意書き

この日は本当に暑くて6月にもかかわらず、群馬県の伊勢崎市では40.2度を記録しました。ただ、こちらは、標高が高いところにあって、周りは山や林なので、アスファルトの中で感じる暑さよりは過ごしやすいです。

みのぶ自然の里

上の写真のように鉄骨サイトのあるところは、車で入ることができます。これより上の段には車で行くことはできません。

この三角屋根の建物、一本の柱の上に建っていて、階段で登るようになっています。

みのぶ自然の里

空は真っ青、緑が眩しいです。

みのぶ自然の里

トイレの建物です。

キャンプサイト お手洗い

再び鉄骨ドームです。何のために建てたのか本当に不思議です。映画の中でも種明かしがありましたが、本当なのでしょうか?(上にも書きましたが、鳥小屋だったということで間違えなさそうです)

鉄骨ドーム

背景にある建物は、映画の中で出てくる建物とは、かなり違いがあります。

テントサイト

こちらが映画の一場面です。

キャンプ場作るズラ ゆるキャン△

©あfろ・芳⽂社/野外活動委員会

もう一つのモデル地「芦安キャンプサイトNo.2」

実はもう一つ、映画ゆるキャン△の富士川松ぼっくりキャンプ場のモデルとなったキャンプ場があり、そちらには映画に出てきた建物があります。こちらも映画に出てきたものと同じようにテントサイトが三段になっています。(芦安キャンプサイトNo.2 )

こちらが公式サイトです。

施設 - 芦安キャンプサイトNo.2
施設 管理棟 キャンプ場に到着したらまずはここを目指してください。 ​受付・炊事場・トイレが併設されています。

予約のお客様のみ入場可能」と注意書きがありますので、見学のみは受け付けていないかもしれません。

調理場

再び、みのぶ自然の里の話題に戻って、こちらはCサイト付近です。

炊事場

調理場です。

炊事場

この炊事場は映画の中にも登場していました。特徴ある斜めの柱と基礎が一緒です。

みのぶ自然の里 ゆるキャン△

©あfろ・芳⽂社/野外活動委員会

かまどもあります。調理しやすそうです。

炊事場

古い水車小屋もあります。流石に、今は水車を回すことは難しそうです。

水車小屋

古い小屋

ゆるキャン△の聖地巡礼

身延町や富士宮、ほったらかし温泉、昭島、浜名湖など、ゆるキャン△に出てきた場所はこちらで紹介しています。

【聖地巡礼】ゆるキャン△のスタンプラリーで身延周辺を散策
山梨県の身延町を中心に山中湖、本栖湖、四尾連湖、早川町、諏訪湖、伊豆、浜松などの観光スポットが登場する作品「ゆるキャン△」のスタンプラリー、「中部横断道開通記念のゆるキャン△スタンプラリー」がNEXCO中日本で行われていたので、山梨県の観光

志摩りんのバイト先 川窪書店

みのぶ自然の里に行ったあとは国道52号線を下部温泉方向に向かって、川窪書店で本の買い物や下部温泉の足湯を楽しみました。川窪書店は志摩りんがアルバイトしていた本屋さんです。下部温泉の足湯はメンバーが来ていました。

川窪書店 志摩りん

こちらの本屋さんも、やはりゆるキャン△関係の書籍が充実しています。

今回はこちらを買いました。

先日、映画ゆるキャン△の完成披露上映会を見てきました。その時の模様はこちらで紹介しています。

映画「ゆるキャン△」を鑑賞(ネタバレあり)
今日の午後3時からピカデリー新宿で映画「ゆるキャン△」完成披露試写会と声の出演者の舞台挨拶がありました。(#映画館で野外活動 #ゆるキャン△) ライブビューイング また、全国のいくつかの映画館ではその模様がライブビューイングで配信されま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました