JR東海が「ゆるキャン△」コラボの列車を運行

7月1日(金)から映画「ゆるキャン△」が全国ロードショーとなります。これに合わせて、作品のモデル地となっている山梨県、静岡県、JR東海がコラボレーションをしてイベントが7月4日(月)から開催されます。

『ゆるキャン△』ドラマチックナゾトキゲーム ふたつの宝地図とおもいでの旅」

JR東海ゆるキャン△コラボ

このイベントは物語の主人公となって謎を解き進む参加体験型となっていて、甲府をスタートする「りんルート」と静岡をスタートする「なでしこルート」の二種類があります。

また、本イベントの開催に合わせて、東海から「『ゆるキャン△』1日周遊きっぷ」が発売されます。下図の区間が1日乗り放題で大人2000円、小人1000円です。

ゆるキャン△切符

また、『ゆるキャン△』のイラストで装飾されたコラボ列車が運行されます。

このコラボ列車がどんなものか情報を探してみるとありました。外から見ると、普通の列車とほとんど変わりませんが、中はゆるキャン△でいっぱいになっています。

列車の外観は天竜浜名湖鉄道のラッピング列車の方が上を行っています。同じ静岡でも少し離れていますが、少し足をのばして天浜線にも乗ってみてはいかがでしょうか。こちらで紹介しています。

天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅で「ゆるキャン△」ラッピング列車を見学
天竜浜名湖鉄道では2022年4月時点で下記のラッピング列車もしくは特別の塗装の車両が走行しています。これだけ力を入れている私鉄も珍しいのではないでしょうか。 Re+(リ・プラス) キハ20色塗装列車 キャタライナー ヤマハPAS(パ
天浜線ゆるキャン△ラッピング列車

天浜線ゆるキャン△ラッピング列車

 

JR東海の『ゆるキャン△』ドラマチックナゾトキゲーム ふたつの宝地図とおもいでの旅は、2022年7月4日(月)から2022年8月31日(水)まで実施されます。

必要な冊子は下記の場所で配布されています。
山梨県 ・甲府市観光案内所 ・道の駅 しもべ ・身延駅構内売店
静岡県 ・静岡市総合観光案内所

『ゆるキャン△』コラボ列車は、2022年7月4日(月)から2022年8月31日(水)まで運行されます。運行されるのは普通列車1編成(313系車両 2両)で東海の身延線等で走ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました