Off Course 1982・6・30武道館コンサート&若い広場をNHKが放送

2022年07月02日、NHK BSプレミアムで、オフコースの武道館コンサートが放送されました。このコンサートは1982年1月からスタートした「over」という全国28ヵ所合計69公演のツアーの一つで、そのファイナルを日本武道館で10日間公園するという前代未聞のものです。

この10公演で約10万枚のチケットが準備されましたが、事前に往復ハガキで希望を受け付けて販売をしました。この応募数は52万枚にも及びました。

また、このコンサートが5人のオフコースによる最後の演奏になりました。

スポンサーリンク

40年前の映像が鮮明に

なんと、元のフィルムからマスタリングをやり直しているので、画質がとても鮮明になっています。40年近く前に本当に繰り返し見た映像なので、全てが懐かしいと共にこれだけ画質が綺麗になることに驚くばかりです。

ただ、仕方がないことですが画面のサイズは当時の4対3の比率のままでした。両側に黒い額縁ができてしまいます。画面右上には、NHK BSPの文字が入れられていました。

普通のテレビで見たので音質についてはそこまで変化が分からなかったのですが、音質もアップしていると説明していました。

番組の構成

放送された内容は、最初にNHKのアナウンサーによる説明が15分ほど、その後はDVDなどに収録されている内容と同じものが放送されました。

今回の放送で初めて知ったのですが、「言葉にできない」で映し出されていた「ひまわり畑」は1970年のイタリア映画「ひまわり」の映像が使われていたとのこと、さらにこのひまわり畑は当時のソビエト連邦下にあったウクライナで撮影されたものなのだそうです。

映像最後の客電をつけて、それでもお客さんが帰らないので、YES-YES-YESをかけたらお客さんが一緒に歌い出してしまった時の映像も健在でした。

NHK 若い広場(オフコース)

続いて、NHKの若いひろばが放送されました。若い広場は昭和37年から昭和57年までの約20年にわたってNHKで放送されていた番組です。この番組はフィルムドキュメンタリー、スタジオ討論、中継など、形にとらわれない自由な発想で制作されていました。特に番組の後期では今回のオフコースのほか、矢沢永吉さんなど一年以上にわたる出演交渉と取材でテレビ画面に出したことでも話題になりました。

こちらもオフコースが出ている貴重な番組です。昭和57年(1982年)3月21日に放送されました。20日あまりにわたるスタジオでの曲作りの取材やオフの日に野球を楽しむメンバーたちの素顔まで取材が行われています。

武道館コンサートの映像が最初に流れるのですが、こちらはリマスタリングが行われていない映像で、40年前に見ていた映像の雰囲気をよく出していました。

【2022/07/06追記】

オフコース武道館コンサート40年企画

オフコース武道館コンサート40年企画として、「Off Course 1982.6.30武道館コンサート40th Anniversary Box」が8月31日に発売されます。

映像のマスタテープからリマスタリング、オーディオトラックもオリジナル音源からリマスタリング、それをブルーレイディスクとDVDに収録しています。

【2004年5月9日公開時の内容】

オフコース武道館コンサート

オフコースが1982年6月30日に東京の武道館で行ったコンサートの模様を収録したビデオです。この作品はかなり以前よりビデオ作品として発売されていて、各都市をフィルムコンサートという形で行脚したりもしていました。

ビクターのVHD

私はVHDという規格のビデオディスクを購入してずっと見てきました。そのVHDも今では壊れてしまい、DVDで買い直しました。

ちょうど、このビデオを発売したときが、オフコースが一番輝いていた時代なのではないかと思います。

言葉にできない

小田和正が「言葉にできない」を歌っているときに声を詰まらせてしまったときに、それを補うかのように会場全体が歌ったり、最後のアンコールも終わってしまい、客電を付けて退場用の音楽(YES-YES-YES)に合わせて、観客が大合唱をした後景なども収録されており、とても感動的な作品に仕上がっています。本当に良い作品だと思います。

【2022年1月18日追記】

クリスマスの約束

元オフコースの小田和正さんが高齢にもかかわらず歌手を続けていますが年齢からは考えられないほど綺麗な声を今も聞かせてくれるのが本当にうれしいです。
2021年の年末には毎年恒例となった「クリスマスの約束」というテレビ番組が放送されて、小田和正さんの歌をまた聞くことができました。毎年恒例とは書いたのですが、収録が行われなかった年もあるので、今後はぜひ継続してほしいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました