マイナポイント第二弾(健康保険証の紐付けと公金受取口座)に登録

政府のマイナポイントを貰える事業が2022年6月30日にスタートしました。健康保険証としての利用申し込みで7500円分、公金受取口座の登録で7500円分のポイント、合計15,000円分のポイントを受け取ることができます。(第一弾は以前より実施されているマイナンバカードの新規取得で最大5000円分のポイントです)

申し込みにはiPhoneにマイナポイントアプリをインストールして、メニューの「申込む」から手続きを始めます。マイナンバーカードの4桁のパスワードを聞かれて、マイナンバーカードをスマホのリーダーで読み取ってといった手順で進んでいきます。

私の場合は以前の段階で健康保険証としての利用申し込みは終わっていましたので、今回は公金の申し込みを同時に実施しました。登録した金融機関は楽天銀行になります。この公金受取、次に給付金が貰えるような時期がいつになるのかよく判りません。国民感情から税の徴収のための口座登録というのはあまり気が進まないので、給付金をもらうための口座という形での登録が促される形になりました。税はルール通りに徴収されていった方が良いので、私自身は税徴収の口座としても活用されていくことで良いような気がしています。

この中で、一番わかりにくかったのは、決済サービスIDとセキュリティコードの入力です。この文字を最初に見たときは、決済サービスそのものにログインするときのIDとパスワードを入力するのだと思っていたのですが、まったく違っていて、こちらのページに書かれている方法で調べなければいけないものでした。

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。

なお、申し込み後に決裁サービスの変更や取消はできませんので、申込前によく検討してから申し込みましょう。

公金受取口座を登録した後、登録状況の反映には最大で1日程度かかるようです。申し込み状況をすぐに確認しても、ステータスは条件未達成になっていました。また、後日、状況の確認をしてみます。(手続き後、30分ほどでお知らせのメールが来て、公金受取口座の登録が完了しました。ただ、その後も「条件未達成」のステータスが続いていました)

マイナポイントの受け取りには楽天カードを登録しました。楽天スーパーポイントで15,000ポイントを受け取る形になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました