さくらのレンタルサーバで移行ツール公開初日に新サーバーへの移行を実施

さくらインターネットでは2022年2月16日から性能がアップした新サーバーの提供を開始していますが、それ以前から契約している利用者は、新サーバーへの切り替えは行われず、お預けの状態が続いていました。

新サーバーでは記憶媒体がSSDになっているほか、ハードも刷新されていて、さくらインターネットでは従来のサーバーと比較して、表示速度や処理能力が最大で5倍になるとしています。

そんな、さくらインターネットで2022年7月13日に新サーバーへの移行ツールの提供が開始されました。

この移行ツールは一部の制約はあるものの、新サーバーへデータや設定を極力自動的に移行できるように配慮されています。

もちろん、新サーバーへの切り替えは必須ではなく、契約者が切り替えるか否かは選択できます。ただ、時間が経過すると、ハードの寿命等に伴い、さくらインターネット側で自動的に新サーバーへ切り替える可能性があります。

スポンサーリンク

切替実施

移行ツール提供直後は何らかの不具合に巻き込まれるリスクはあると覚悟しつつも、7月13日に切り替えをしてみました。

もちろん、切り替える前にこちらのサイトで制約事項に引っかかることがないか十分にチェックしました。

【さくらのレンタルサーバ】新サーバーへの移行ツールを提供開始 | さくらインターネット
お客さま各位 平素よりさくらインターネットに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 さくらのレンタルサーバにおいて、2022年2月16日より提供しております新サーバー※への移行ツールを、2022年7月13日より提

この注意事項はかなり重要な記載が多くあるので、十分にチェックすることをおすすめします。

移行にかかる時間は目安として、データ量10GBで40分、100GBで約4時間とされています。今回は長くても10時間あれば足りるだろうと考えていました。

移行ツールを起動しようとして、唯一引っかかったのが、バックアップ&ステージング機能を使っていたことです。バックアップデータは削除されてしまいますが、これを解除しておきました。

7月13日の午後8時前に移行ツールをスタートして、夜はずっと走らせっぱなしにして、朝起きてみたところ、残念ながら移行は終わっていません。そのまま会社に行って仕事をしていたのですが、一向に終わる気配がありません。あまりにも移行が長時間化しているので、さくらインターネットのサポートから自宅に何回か電話があったようです。さくらインターネットのサポートにメールで携帯電話の番号を伝えたところ、携帯に電話をもらいました。ただ、その電話をもらうまえ、午後2時過ぎに正常に移行は終わったというメールを受信しており、WordPressも無事に再開していました。

実に移行に18時間かかったことになります。携帯電話に連絡をくれたサポートの方からは、ファイル数が多かったので、時間が多くかかったこと、および今度このような機会があったら、rarか何かで一ファイルに固めておくと移行が早く終わるということでした。ただ、資材を凍結する時間および解凍する時間が多く必要になるので、あまり現実的な解とも思えません。

長時間かかりましたが、まずは正常に再開することができて本当に良かったです。また、確かにWordPressの表示スピードは上がったと思います。改めて、ページスピードインサイトなどで確認をします。

【2022/07/15追記】

移行ツールで不具合(申し込み受付中止)

移行ツールに不具合が見つかり、移行の申し込み受付を中止したことが発表されました。

メンテナンス・障害情報・機能追加|さくらインターネット公式サポートサイト
サービスのメンテナンス・障害情報と機能追加についてお知らせしています。各種手続き、オンラインマニュアル、よくある質問、FAQ、メンテナンス情報、障害情報などさくらインターネットのサポート情報を公開しています。

少なくとも7月19日11時まで受付が中止されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました