さくらインターネットの新サーバーへの移行でスピードアップを実感

さくらインターネットで2月から新規契約者向けに新しいサーバーの提供が始まりました。新しいサーバーでは二次記憶装置がハードディスクからSSDに変わるなど、高速化の要素が組み込まれていて、WordPressであれば、最大で5倍スピードアップすると宣伝されています。

スポンサーリンク

新サーバーは当初は新規契約者のみ

すでに2月以前からさくらインターネットのレンタルサーバを使っている人は、今までは新しく新サーバーを契約して、今のサーバーからデータや設定を引っ越すしか手がなかったのですが、この7月からついに「移行ツール」が提供されました。

既存契約者向けの移行ツール

この移行ツールを使えば、同じプランであればごく一部の例外を除いて自動で新サーバーに引っ越しをしてくれます。WordPressで中身を書き換えなければいけないconfigファイルの修正もやってくれます。

移行実施

移行ツール提供日(2022年7月13日)に新サーバーへ移行しました。こちらでレポートしています。

さくらのレンタルサーバで移行ツール公開初日に新サーバーへの移行を実施
さくらインターネットでは2022年2月16日から性能がアップした新サーバーの提供を開始していますが、それ以前から契約している利用者は、新サーバーへの切り替えは行われず、お預けの状態が続いていました。 新サーバーでは記憶媒体がSSDになって...

夜の7時頃から翌日の午後2時過ぎまで19時間と非常に時間がかかり、移行時間中は閲覧に来た人に対して、「メンテナンス中」の表示が続いてしまいましたが、移行は正常に終了しました。

移行後の状況

機能面

その後、移行してから約一週間が経過します。途中、さくらインターネットで移行ツールの不具合から提供を中断していた期間もありましたが、こちらのサーバー環境の機能面では全く問題は出ていません。無事にデータ移行ができているようです。

スピードアップ

ウェブアクセラレータの無効化

非機能面では、驚くほど「スピード」が速くなりました。体感的にもよく判ります。

従来は同じさくらインターネットのCDN(ウェブアクセラレータ)を使っていましたが、画像などの表示スピードも早くなったので、ウェブアクセラレータの設定をオフにしました。

高速化プラグインの一部無効化

今まで、テーマ(cocoon)の高速化機能にくわえて、ページキャッシュ「WpFastest Cache」、ヘッダーやフッターの最適化のために「Autoptimize」などをWordPressのプラグインで使っていました。(機能が重複しないように設定で調整しています)

新サーバーに乗り換えてスピードアップしたので、Autoptimizeは外しました。WP Fastest Cacheも外そうと思っていたのですが、残しておいたほうが大幅にページスピードインサイトの評価が上がったので残してあります。

計測結果

以降前の直近の計測結果はキャプチャしていなかったのですが、移行後のGTMETRIXの計測結果は下記の通りで、申し分のない状況です。

gtmetrix(新サーバー)

今までこんなに評価が高かったことがありません。

【2022年7月27日追記】

CPU使用率の大幅な低下

さくらインターネットのコントロールパネルでリソース状況を確認すると、大きく変化している点に気が付きました。一つは新サーバーに乗り換えてからCPU使用率が大幅に減少している点です。

新サーバー移行後のCPU使用率

新サーバー移行後に一気に落ちていることが判ります。サーバーの能力が上がったことにより、一人の利用者が使えるCPU能力が上がり、相対的にCPU使用率が落ちたように見えるということでしょうか。能力に余裕があるというのは安心材料です。

逆にウェブ転送量は新サーバー移行後に一気に上がっています。

新サーバー移行後のウェブ転送量

これは、ウエブアクセラレーターの利用をやめて、すべてレンタルサーバーの画像等を転送する設定に変更したためだと思います。新サーバーになってから、二次記憶媒体がハードディスクからSSDになり読み込み速度がアップしたので、あえてウェブアクセラレータを利用する必要がなくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました