東京都の新規感染者数が前週同じ曜日比で大幅減

8月最後の31日(水曜日)の東京都の新型コロナウイルス新規感染者数が発表されました。1万5428人の感染で先週水曜より1万人余減と大幅に少なくなっています。今年の夏休みは行動制限がかかっていなかったので、お盆が終わってからはまた増えてしまうのではないか?と危惧していたのですが、最近の傾向を見ると著しく減っているので、とても驚いています。

従来は行動制限等を通して人と人との接触機会を減らすことで、感染をピークアウトさせてきたと思っていたのですが、特に行動制限をしなくても急速にピークアウトするのはなぜなのか、とても不思議い思います。

とは言え、重症者は東京都の基準で33人、病床使用率は48.8%とまだ高い状況が続いています。街で救急車を見かける機会もまだまだ多いので、気を抜くわけにもいきません。消毒や3密の回避、人と人との距離が近いところでのマスクの着用等の基本動作は心がけていきたいと思います。

Yahoo!を読んでいると、AERAdotの記事でカンニング竹山さんが「日本のマスクはやっぱり異常 ハワイに行って気がついた」という内容を公開していました。ハワイではマスクをしている人が少ないから書いた記事のようにも見えますが、日本では第7波で東京都だけでも新規感染者数が1万人以上が近づいている状況で「日本のマスクが異常」という記事を公開するのは、どんなものなのだろう?と思ってしまいました。(ハワイは8月29日現在で新規感染者数の7日間平均が311人なので桁違いに少ないです)

ただ、この先、第7波が収まって、新種のウイルスなどが猛威をふるうようなことがなければ、日本でもマスクをかけるタイミングについては徐々に見直しをかけていくことになるのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました