古めのパソコンが実用的に利用できるChrome OS Flexについて

Windowsの進化のスピードはとても速く、色々な機能が追加されるとともに、パソコンに対する要求スペックもどんどん上がっていってしまいます。

パソコン自体はまだまだ利用できるのに、搭載されているWindowsが古くセキュリティ的に不安であったり、逆にWindowsをアップデートしたがためにパソコンの動作が重くなってしまい、なかなか使わなくなってしまったようなパソコンも増えています。

スポンサーリンク

Chrome OS Flex

そんな中で、使わなくなったパソコンを甦らせる一つの手段として注目されているのが、Chrome OS Flexです。Windowsに変わってこのOSをインストールすることによって、Chromebookのように軽快にパソコンが動作することから注目されている形になります。また、USBメモリーから起動させることができるのも手軽さがうけている一つです。

ただ、Chromebookとは少し違うところもあって、Androidアプリを使うことはできません。従って、利用できるアプリは数少なくなってしまいそうですが、ウェブでできることならブラウザのChromeで対応できます。例えば、このブログへの記事の投稿などはストレスなくできると期待できます。

最小ハードウェア要件

Chrome OS Flexの最小ハードウェア要件は下記の通りです。

CPU:インテルまたはAMDのx86 64ビットCPU
メモリー:4GB
内蔵ストレージ:16GB
USBドライブからのブート対応:必須

8GB以上のUSBメモリが有れば、インストールができるようです。

手持ちのThinkPad SL410は対応せず

身の回りの使っていないパソコンを調べてみると、Thinkpad SL410がありました。

ThinkPad SL410

対象機種を公式のこちらのページで照合しました。

Certified models list - ChromeOS Flex Help
Last updated on: July 14, 2022To ensure a consistent and high-quality experience, Google individually certifies and maintains a list of models that you can use ...

残念ながらリストにありません。今一度、Thinkpad SL410のスペックを調べていると、CPUが32ビットアーキテクチャーでした。メモリは4GBに増設していました。

blank
Lenovo THINKPAD SL410に2GBのメモリを増設し4GBへ
現在、居間でパソコンを使うときには、LenovoのTHINKPAD SL410を使っています。このパソコン、最初に購入したときには2GBのメモリが実装されているモデルを購入しました。しかし、Windows7を使っていると、2GBのメモリ...

残念ながら古すぎてChrome OS flexには対応していません。このパソコン、2009年発売のようなので、少なくとも、この後に発売されたパソコンが一つの目安になるかもしれません。

今後、別のパソコンで機会があったら試してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました