ホンダのHV車が日光「いろは坂」で故障相次ぐその理由

日光のいろは坂でホンダの特定のハイブリッド車ばかりが故障し停まっていることが、ツイートされて話題になっています。2022年10月30日のツイートによれば、ホンダのデュアルクラッチドライブのハイブリッドシステムが4台も停車していたことが写真付きで投稿されています。

2013年9月にフルモデルチェンジした、現時点で発売されているひとつ前の世代のホンダ「フィットハイブリッド」には、「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」が採用されました。いろは坂で故障し停まっていたハイブリッド車はこの旧世代の1モーター式システムの搭載モデルでした。このi-DCDはホンダのヴェゼル、シャトル、ジェイドなどにも搭載されているほか、私が現時点で乗っているグレイスにも採用されています。

このi-DCDというハイブリッドシステムは、走行用のバッテリーに余裕があるときはモーターだけのパワーで走行することが可能です。この走行用のバッテリーは基本的には走行しているときにしか充電がされませんが、いろは坂のような上り坂で何度も発信を繰り返していると、走行用バッテリーの電池残量がなくなってしまいます。

電池残量が無くなれば、モーターの力で走り出すことができないので、エンジンの力に頼ることになります。シンプルでコストが安い乾式クラッチが採用されているため、登り坂から走り出そうとすると回転数を高めにしなければなりません。いろは坂が渋滞し停止とスタートを繰り返す中でトランスミッションが高温になったのではないかと思われます。

 

特に登り坂で止まっている際、ブレーキでなくアクセルをホンの少し踏んでいるような乗り方をすると、マニュアルミッションでずっと半クラッチをしているのと同じ状態になってしまいます。クリープ走行は最低限にとどめて、停止とスタートをメリハリつけて運転する必要がありそうです。

警告灯が点いてしまった場合は、すぐに走行を中断すれば冷えるのを待って走り出すことができますが、そのまま無理して乗り続けると焼きついてしまい走行不能になってしまいます。警告灯が点いたらできるだけ早く路肩など安全な場所に停止するよう気をつけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました