右折時にウインカーを出すタイミングについて

車の運転に関してタメになるツイートを続けている烏山自動車学校が今度は右折時にウインカーをどのタイミングで出すかについて紹介していました。こちらがそのツイートです。

ほとんどの車は右折レーンに入ってから右のウインカーを出していることが多いと思いますが、正しくは右折レーンに入る前に右ウィンカーを出すとのことです。

自動車学校で習ったことを思い出したのですが、右折レーンに入るのは位置付けとしては車線変更と同じ、従って右折レーンに入るときにもウインカーを習慣づけるように言われたと思います。

道路の左側に駐車車両などの障害物があり、ハンドルを右に切って避ける場合にも右にウインカー、また左側に戻るときには左ウインカーを出すように指導されました。

道路上では自動車にも注意しなければいけませんが、それ以上に怖いのはオートバイなどの二輪車です。死角に入ってしまったり、思いがけない動きをしていることもあるので、合図をしないでこちらがハンドルを回すと、接触事故を起こしてしまう可能性が高くなります。先ほどの右折レーンの場合も、手前の導流帯からオートバイが右折レーンにスピードを上げて入ってくるかもしれません。

いちいちウインカーを出すのが面倒だと思っても、少しでも事故が起こる可能性を減らすためには、法律に従ってウインカーを出すことを習慣づけた方が良いと思っています。

こちらの栃木県警察交通企画課のツイートが正しいルールについて分かりやすく解説しています。

右折レーンに入る3秒前からウインカーを出すのがルールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました