プロホースが壊れたのでGEXの底面クリーナーを入手

シェアする

GEXの底面クリーナー

 アクアリウム関係の話題です。今まで水槽の底にひいてある砂利の掃除には水作のプロホース1という商品を使用していたのですが壊してしまいました。

 パイプの部分の上から誰かが乗っかったみたいで、割れ目が入ってしまい、そこから盛大に空気を吸い込んでしまうので、機能しなくなってしまいました。

 プロホースは単純な構造ではあるのですが、結構な水量で水を外に出すことが出来るのと、砂利がうまい具合にパイプの中を舞い上がって、綺麗に砂利の中を掃除することができます。底床掃除の道具は色々なものが販売されていますが、プロホースは一押しの商品です。

 しかし、良いところばかりというわけでもなく、ビニールホースの継ぎ目のところが鋭角に折れてしまい、水の通りが悪くなることがあったり、水流の調整が行いにくい面がありました。

 とりあえず、ビニールテープをグルグル巻きにして、暫定補強はしながらだましだまし使っていたのですが、さすがに使い勝手が悪いので買い換えることにしました。


 今度もプロホースを購入しても良かったのですが、同じ商品ではあまり芸がありません。そこで、何か別の底床クリーナーの中で良い商品は無いか探してみました。その中で見つけたのが、今回紹介するGEXの底面クリーナー1です。

 この商品、あきらかに水作のプロホースを意識した商品設計がされていると思います。特にプロホースで弱点だと思っていた部分については改良が加えられています。

 たとえば、ビニールホースを接続する部分についてはプロホースは鋭角に折れてしまい水量が落ちてしまうという欠点がありましたが、こちらの商品では「ホースプロテクター」という部品が付いていて、ビニールホースの付け根の部分が折れにくいように工夫がされています。

 また、プロホースでは流量は固定で、もしも流量を調整したい場合にはビニールホースを指でつまみながら調整する必要がありましたが、こちらのgexの商品では、流量調整つまみというものが付いていて、簡単に流量を調整し固定することができます。これもプロホースに対するアドバンテージだと思います。

 さっそく商品が本日届いたので使用してみましたが、プロホース同様に使いやすく、また砂利の中も綺麗に掃除をすることができました。なかなかお勧めの商品だと思います。底床クリーナーを購入する場合には候補の一つにしても良い商品だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク