洗車機に初挑戦しました

シェアする

洗車機

 静岡県の清水に行ったときに半分以上のガソリンを使ってしまって、東京まで帰るガソリンが少々不安な状況になっていましたので、エネオスのガソリンスタンドに寄りました。いつもはセルフのガソリンスタンドばかりに行っていましたので、フルサービスのガソリンスタンドに行ったのは非常に久しぶりです。ガソリンを満タンに給油して貰ったのと同時に、ついでにタイヤの空気圧の点検もお願いしておきました。

 そのまま待っていると、洗車はいかがですか~?と薦められたので、値段を聞いてみるとシャンプー洗車で400円だそうです。これならばかなり安めの設定なので、お願いしてみることにしました。プリペイドカードの購入をかなり勧められましたが、このガソリンスタンドに来る機会ももう無いので、お断りしておきました。


 そして、洗車の方ですが、洗車のラインの方へとまわってみると、ガソリンスタンドの人がすべて機械の操作はしてくれました。

洗車機の操作ボード

 普通の門形の洗車機のようです。遮断機があいたら、そのままゆっくりとクルマを前進させて、赤いパトランプがクルクルと回る位置まで進みます。エンジンを切ってサイドブレーキを強く引き、そしてパーキングの状態にします。そしてクルマを停めた後、しばらくすると洗車機が動き始めました。

 最初はブラシが回転しつつ、たくさんの水や洗剤を噴射しながら、ボディを洗っていきます。

洗車機のブラシ

 そして、洗剤をとるためでしょうか、水がまた噴射されます。

洗車機の水の噴射

 最後に強力なエアーの噴射があり水がはじき飛ばされていきます。

風の吹き付け

 一通りの工程が終わったら、そのまま拭き取りエリアへと運転します。強力な風があたっていても、いろいろなところに水が残っていますので、自分で拭き上げることは必要です。

 また、フロアマットの洗浄装置もありましたので、こちらも初めて使ってみました。とても簡単にフロアーマットを綺麗にすることが出来ました。これは便利です。

 ラフェスタはとても綺麗になりました。洗車機は傷がつきやすいということもよく聞きますが、今回は特に気になるような細かな傷もつかなかったのではないかと思います。また機会があったら洗車機を活用しようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク