平成23年向けの年賀状の準備を始めました

シェアする

年賀状

 平成23年向けの年賀状の準備を始めました。昨年、年賀状ソフトは「筆まめ」を使っていたので、今年も最新版の「筆まめ」を買っておくことにします。ソフトの機能は毎年変わることは無いので、別に買い直す必要は無さそうなものですが、来年の干支にちなんだデザインがたっぷりと増強されているので、最新版を買っておいた方が準備が簡単になります。

 昔は年賀状ソフトは1万円くらいの値段がしていた時期もありましたが、最近では1000円から2000円程度で入手出来るようになりました。本屋の店頭に並んでいるDVD-ROM付きの雑誌でも所詮は同じ程度の値段がします。単に色々な新しいデザインを入手する目的だけでもお得だと思います。

 購入するのは楽天ダウンロード、わざわざ、お店まで買いに行かなくても簡単にソフトを入手することができますし、またパッケージなどが付いてこないのでとてもエコです。

 しかも、楽天ダウンロード限定販売の筆まめが入手できます。

 何が楽天限定なのかは今ひとつよく判らないのですが、「限定」という言葉が付いていると、何かお買い得なような錯覚を起こしてしまい、ついつい買ってしまいます。商品ページには下記のように紹介されていました。

楽天ダウンロード限定販売の「筆まめ」の第四弾が登場しました! 『筆まめSelect2011 年賀編』では、初心者や年配の方向けに、画面に従って進んでいくだけで年賀状が作成できる「しんせつモード」や、ラクラク編集ができる「パーツコントローラ」を新搭載しました。大きなボタンで迷わず操作できます。さらにデジカメ写真から楽しく年賀状を作成できる機能が充実!たくさんの写真を使って、コラージュが作成できる「フォトコラージュ」や版画や油絵、ちぎり絵風にデジカメ写真を加工できる「筆まめアトリエ」など、受け取った相手をはっとさせる年賀状が作成できます。印刷はプリンタインクを節約しながら賢くエコ印刷。宛名は「特急宛名入力」を使って、宛名印刷に必要な項目だけを効率よく入力でき、プロ書道家監修レイアウトで美しく仕上がります。住所録は市町村合併に対応した最新の郵便番号辞書で常に最新、他社ソフトで作成した住所録もかんたん変換ですぐに筆まめで使えます.

 容量は572MBと意外と大きいので、ダウンロードにはそれなりの時間がかかりますが、ADSLや光ファイバーなどの常時接続を利用していればそんなに苦になることはないでしょう。ダウンロード販売は1575円です。楽天のポイントで決済をして購入しました。


 デザインの設定は非常に簡単です。特急デザイナーという機能があるのですが、こちらで一気にデザインを完成させました。今年撮っておいた子どもの写真の中から年賀状に使えそうなものを選んで貼り付けます。

 そして年賀状への印刷には今年購入したブラザーのマイミーオを使いました。

 ★ブラザー工業の複合機「MFC-695CDN」を買いました

 ★ブラザー工業の複合機「MFC-695CDN」を使ってみました

 写真印刷はエプソンやキャノンの技術が優れているような気がしていましたが、なかなかどうして、このブラザーのプリンタも非常に綺麗に印刷が出来ました。印刷速度も文句ありません。このプリンタは普通はFAXやコピー機として活躍をしてくれているので、1年中活躍しています。

 宛先についてもずっと使い続けている住所録を最新にメンテナンスして、誰に年賀状を今年は送付するかを選べば、あとはこちらも印刷をするだけです。昔は一生懸命に手書きで書いていましたが、こちらも本当に便利になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク