楽天のRポイントカードが強制的に送られてきた

シェアする

Rポイントカード

楽天ブックスで竹内まりやの新作CDを購入して先日届けられたのですが、その封筒の中に「Rポイントカード2014年10月1日スタート!」と大きく書かれた冊子が入れられていました。

Rポイントカードの宣伝

宣伝チラシがまた入っているのだな?と思いつつその冊子を触ってみたところ、なぜか中身が固いです。何が入っているのか気になったので、冊子をあけてみたところ、中から「Rakuten SUPER POINT」と書かれた白いカードが出てきました。なんだか、昔の楽天カードのようなデザインです。

裏面にはクレジットカードのように署名をする欄とポイントカード番号、そしてバーコード、セキュリティコードや注意書きなどがありました。署名された本人以外は利用することができないのだそうです。

このRポイントカードがなんなのか冊子の中を読んでみました。従来の楽天スーパーポイントは主にネットでの買い物に対して付与されたり、使ったりすることができましたが、このポイントカードを持って歩いていると、街でも貯めたり使ったりすることが売りのようです。

たとえば、Rポイントカードを加盟店で利用すると、100円あたり1ポイントのレートで貯めることができます。また、逆に加盟店では楽天グループで貯めたポイントを1ポイント1円で使うことができます。

とすると、大切なことは街にどの程度の加盟店があるかということになります。冊子では下記が加盟店として紹介されていました。

 ・サークルKサンクス
 ・ポプラ
 ・生活彩家
 ・大丸
 ・松坂屋
 ・出光
 ・ミスタードーナッツ
 ・PRONTO
 ・パレットプラザ
 ・MUSEE PLATINUM
 ・アリさんマークの引越社
 ・引越の日通
 ・くしろスキップカード

Rポイントカードの宣伝

加盟店は拡大中とのことですが、あまり近所にあるお店が少なくて、今のところは非常に厳しい印象がします。

とりあえず、今ならば登録キャンペーンを実施中ということでしたので、楽天の登録フォームからカードの情報を登録しておきました。

 ☆Rポイントカード: 街でも楽天スーパーポイントが貯まる・使える楽天のポイントカード

自分の楽天IDでログインして、あとはRポイントカードに書かれている番号とセキュリティコードを入力することで登録が完了しました。これで自分の楽天IDと紐付けが完了したようです。また、カードの裏面に署名もしておきました。

出番は少なそうなので、メインの財布のカード入れには入れずに、サブのカード入れの中に入れて持ち歩くことにします。

【2014年9月28日追記】

ネットで調べてみると、同様に楽天ブックスで買い物をして、楽天ポイントカードが送られてきた人がたくさんいました。送られてくる人と送られてこない人がいるようで、何かの基準がありそうです。ただ、人によっては二枚送られてきた人もいるようでした。

楽天としてはできるだけ普及させて、今のTポイントカードのような勢力に育て上げたいと思っているのでしょうが、提携店舗がまだまだ少ないので、スタートの時点では立場的に厳しいような印象を受けています。

【2014/10/07追記】

サークルKサンクスに行って、実際にRポイントカードが使えるか否か試してみました。お店の外には楽天ポイントカードののぼりがたくさんあります。商品を選んでレジに持って行きました。店の人からは「楽天ポイントカードをお持ちですか?」のような確認は一切ありませんでした。まだ、楽天ポイントカードを持っている人の割合が少ないので、聞いていないのかもしれません。

商品のバーコードを読み終わったタイミングでおもむろに楽天ポイントカードを差し出してみると、店の人は驚いた顔をしてカードを受け取り、裏面のバーコードをリーダーで読ませていました。あとは、スマホのIDを使って決済を終わらせました。

レシートには今回の買い物で何ポイントがついたかは打ち出されてましたが、楽天スーパーポイントがどれだけ全部であるかは打ち出されていませんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク