ASUSのSIMロックフリースマホ「ZenFone5(A500KL)」の日本向けモデル登場

シェアする

zenphone5

台湾のメーカーASUSからSIMロックフリーのLTEスマートフォンである「ZenFone5」が日本国内で発売になりました。値段は2万円台と大手のキャリアが扱うスマホに比較すると大幅に安いことが特徴です。

しかし、このASUSという会社はパソコンのマザーボードなどの分野でもとても信頼性の高い商品を販売しており、少なくとも安かろう悪かろうというイメージの会社ではありません。どんなスマホなのか興味があるところです。

発売されたモデルは以下のバリエーションがあります。

・ストレージ容量 16GBまたは32GB
・カラーバリエーション ブラック、ホワイト、レッド、ゴールド

・店頭価格
16GBモデル 税込28,950円
32GBモデル 税込32,200円

仕様は下記の通りです。

・解像度 1280×720ドット
・画面サイズ 5インチ IPS液晶
Gorilla Glass 3採用
・メモリ容量 2GB
・クアッドコアプロセッサ
Snapdragon 400(クロック1.2GHz)
・OS Android 4.4
・日本語入力 ATOK for ASUS
・本体サイズは幅72.8×高さ148.2×奥行き10.34mm
・質量は145g
・対応SIMカード Micro SIMタイプ
・対応通信規格 LTE 800/900/1,800/2,100/2,600MHz、W-CDMA 800/850/900/1,900/2,100MHz、EDGE/GSM 850/900/1,800/1,900MHz
・主な搭載機能
無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
Bluetooth 4.0
Micro USB
microSDカードスロット
リアカメラ(800万画素)
フロントカメラ(200万画素)
GPS、GLONASS
・NFC非搭載

日本独自規格である、おサイフケータイやワンセグ、フルセグチューナーなどは搭載されていませんが、それでも値段を考えるととてもお買い得だと思います。

先日サービスが開始された、楽天モバイルでも、同社から販売される端末は、このASUSのZenFone5でしたので、格安SIMを販売している会社で扱われるケースが増えていくのではないでしょうか。

中国製の100ドルのスマホが新興国市場でとても人気が出ているとか、日本のソニーなど大手メーカー製のスマホはこれらの低価格端末の著しい成長に伴って、販売が低迷しているなどのニュースも出ています。

今後、2万円台以下の低価格端末は日本においても徐々に存在感を増していくのではないかと思います。

amazonでも販売されています。

[amazonjs asin=”B00ORDK0E2″ locale=”JP” title=”【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16″]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク