JALの機内食に「東池袋 大勝軒」が登場

シェアする

JALの機内誌を読んでいると、2015年12月1日から2016年の2月末日までの期間限定で東池袋 大勝軒が登場することが紹介されていました。

2011年からエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスで展開している「AIRシリーズ」の一環だそうです。

吉野家やモスバーガーなどと組んで機内食を準備してきましたが、今度は東池袋の大勝軒に目をつけたということなのでしょう。
東池袋 大勝軒は「つけ麺」を考案したお店としても有名です。今まで、カップラーメンなどでも発売されたことがあったと思います。

機内のスチームオーブンで温めてもコシが失われないようにするとか、容器の中ではほぐれやすいようにするとか、機内食として考慮しなければいけない数々のハードルをクリアするために独自に改良されたことが紹介されていました。確かに飛行機の中で提供される麺類はさほど美味しいものに巡り合ったことがないので、どんな風に仕上がっているのかがとても気になります。
提供される路線は欧米豪路線のみで深夜出発便では提供されません。この期間にこれらの路線に乗ることはないかと思いますが、とても気になるものではあります。

【詳細】

●対象クラス :プレミアムエコノミークラス・エコノミークラス

●提供期間 :2015年12月1日~2016年2月29日

●対象路線 :成田発シカゴ、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、ダラス
バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニー行き

羽田発ロンドン、パリ行き

関西発ロサンゼルス行き

いずれの路線でも、到着前の2回目の食事として提供されます。

東池袋大勝軒心の味 [ 山岸一雄 ]

東池袋大勝軒心の味 [ 山岸一雄 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク