アクアフォレストの肥料「水草ふさふさ」を底砂内に追加

シェアする


120cm水槽で水草を植えているのですが、従来は少し肥料分が多すぎるようで、コケが出てきていました。従って、肥料の添加をずっと控えていたのですが、先日底砂にコトブキ工芸の「ろかジャリ」という製品を追加したところ、ゼオライトの成分の威力で水槽内の肥料成分が吸い取られてしまったようで、一気に水がかがやき始めました。ここまでは良かったのですが、水草の生長も元気がなくなってしまい、特にパールグラスの成長が鈍化したことがとても気になっています。

底面ろ過を行っていない面に何らかの底床肥料を添加しようと考えて、押し入れの中を探したところ、新宿サブナードのアクアフォレストで購入した「水草ふさふさ」という商品が出てきました。

特徴として「水槽内で不足しがちなカリウム、鉄分等の無機物を理想的な状態で配合。有機物を含まないので安心」と記載されています。有機物が入っているとすぐにコケの繁殖につながってしまいそうですが、これならば安心です。窒素成分やリン成分は水槽に入れる餌や魚の糞などから得られますが、鉄分やカリウムといった成分は水槽の中では不足しがちになると言われています。

使用方法としては10cmx10cmに1本の目安で使用するように書いてありました。

水草の状態を見ながら加減するようにも補足されています。肥料を底砂の中に差し込んですぐに水草の銚子がわかるわけではありませんので、最初は少なめに差し込んで、水草に変な影響が出たりコケが増えたりしないことを1週間ほど観察して、それでもなお肥料の添加量が足らないと思われる場合に限って追加添加する程度の進め方が良いのでしょう。水槽内は肥料の入れすぎは厳禁です。

ネットで情報を探してみると、水草ふさふさの悪影響について触れているブログもありました。


エビなどの生物に影響がある可能性もありますので、少量を添加したあと、エビの様子もよく見ておいた方が良さそうです。

水草ふさふさの効果が大きかったという感想もいろいろなブログにあるので、まずはこのまま水槽の様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク